ジンチョウゲ(沈丁花)の育て方

ジンチョウゲ(沈丁花)はジンチョウゲ科の常緑広葉低木です。

樹高は1m~1.5m位になり生け垣として利用されるなど馴染みの深い花木です。花色は淡い紅色や白などがあり小さなものが1ヶ所にまとまって咲きます。

花には花びらがなく、花に見える白や淡い紅色の部分は「がく」が変化したものだそうです。花期は3~4月、離れた場所からでも漂ってくる芳香が春を感じさせてくれます。

jinchouge01

ジンチョウゲ(沈丁花)の育て方

ジンチョウゲは日当たりでも育てられますが、半日陰を好みます。西日や真夏の直射日光の当たる場所は避けます。

鉢植えの場合、水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。過湿は病気の原因にもなるので注意しましょう。地植えの場合は根付けば特に必要ありません。

ジンチョウゲは移植を嫌うので、地植えの場合は植え替えの必要ない所に植えます。水はけの良い土壌を好みます。また、土は腐葉土を多めに混ぜて肥沃な土にしておきます。

自然と樹形は整ってくるので、剪定はほとんど必要ありません。剪定する場合は花の直後に行ないます。混み合った枝を根元から切りとり、風通しをよくします。強い剪定は避けるようにしましょう。7月に次の年の花芽が分化するので、それ以降は剪定をしないように気をつけます。

肥料は花後にお礼肥としてチッソ分を控えた化成肥料を株元にまきます。

ジンチョウゲは病虫害に強くアブラムシがつく程度です。その他には特に気になる病害虫はあまりでません。アブラムシはマラソン乳剤で駆除します。

jinchouge02

ジンチョウゲは挿し木で増やすことができます。

花後すぐに花がらを摘み取り、新しい枝を6~9cmに切って、湿らした赤玉土に挿します。

根がでるまで乾かさないように気をつけ、根がでたらひとつずつ鉢に植え替えて育てます。地植えにする場合は翌年に行います。

jincyouge03

我が家の庭植えジンチョウゲ(沈丁花)

我が家のジンチョウゲは庭の隅に植えられているのですが、斜めに傾いてひどく窮屈そうに見えます。

冬には雪囲いしますが、大雪の時は枝が折れるのではないかと心配になります。

植え替えしたいのですが、大きくなってしまっているので無理ですね。

いつか挿し木で増やしてみたいと思っています。

関連記事
庭木の剪定と挿し木のシーズン
挿し木したジンチョウゲ開花