ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ビオラ・パンジーの切り戻し時期と方法は?いつまで咲かせられる?

投稿日:

ビオラ

ビオラ・パンジーの開花期間は一般に10月下旬~5月中旬です。

しかし、冷涼な地域では上手に育てれば7月くらいまで
咲かせられるそうですよ。

ビオラ・パンジーの切り戻し時期と方法を紹介します。

スポンサーリンク




ビオラ・パンジーを切り戻しするのはなぜ?

パンジー

ところで、どうして切り戻しをしなくてはいけないのでしょうか?

切り戻しをする理由は2つあります。

ひとつ目は、切り戻し(摘芯)をすることによって
脇芽を出すことです。

脇芽が出ればツボミが増え、たくさん花が咲くようになります。

ふたつ目は、蒸れを防ぐことです。

ビオラ・パンジーは15度以下だと生育しますが、
20度以上になると生育が鈍くなって、蒸れて
枯れやすくなります。

そこで、切り戻しをして風通しを良くするのです。

ビオラ・パンジーの切り戻し時期と方法

ビオラは開花期間が長いので、伸びた茎が倒れたり、
枯れたりしてしまうことがあります。

定期的に切り戻しをすることが大切です。

伸びすぎたら、下の方から数センチを残して切りましょう。

目安は3分の1から2分の1くらいです。
このときに、新芽を切らないように注意しましょう。

切り戻した後に追肥をすれば、また花が咲くようになります。

春からのビオラ・パンジーは生育が盛んになります。

ですから「花を1週間楽しんだら、切り戻し」

というように小まめに繰り返すことで長い期間花を楽しむことが可能です。

【切り戻したら枯れるのは?】

気温が高いときは株が弱っているので
切り戻しをすると失敗することがあります。

6月に入ってから切り戻しするなら、翌日の天気が
曇りや雨などになる日を選ぶと株が弱りにくいです。

さいごに

ビオラ・パンジーを植えっぱなしで何も手入れを
しないと、徒長して咲き終わってしまいます。

でも、こまめな切り戻しをすれば、形も整って
また、たくさん花を咲かせてくれますよ。

関連記事
パンジー・ビオラの育て方

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.