ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

防草シートの価格比較!エコナルとザバーンはどちらがおすすめ?

投稿日:2016年5月28日 更新日:

20160528

防草シート(除草シート)は、ホームセンターやネット通販で手軽に購入できる雑草対策グッズです。

100円ショップでも販売されているので、私のように、本当に雑草に効果があるのか
確かめたくて試しに使ってみたという人もいるかもしれませんね。

しかし、値段の安い防草シートの中には品質が悪いものもあるので要注意です。

この記事では、防草シートのエコナルとザバーン、この2つの商品の価格や品質を比較してみました。

スポンサーリンク




防草シート価格比較

・防草シートを敷いた後、数週間で雑草がシートを突き抜けて出てきた。
・抜こうとするとシートの織り目に根が絡んで抜きにくい。
・防草シートが2~3年でボロボロになった。

私も経験したことがありますが、

せっかくシートを敷いたのに、こんなことになったら大変ですよね。

原因は、紫外線に弱い材質の防草シートだったり、
耐用年数が短い防草シートだったりすることによるものです。

防草シートは、価格・耐用年数・使う場所などを考えて
選ぶことが大切といえるでしょう。

価格は高めだけど高品質!ザバーン防草シート

・ザバーン240シリーズ(強力タイプ:厚さ0.64mm)
砂利下シートとして駐車場に使う場合や長期間むき出しの状態で使う場合に適しています。

・ザバーン125シリーズ(通常タイプ:厚さ0.4mm)
砂利下シートとして人の歩く通路に使う場合に適しています。
シートを敷く前に雑草を根まで処理する必要があります。

・ザバーン68B(マルチング用タイプ:厚さ0.271mm)
ザバーン240に比べ遮光率が低いため樹皮や砂利など他のマルチング資材と併用して使用します。

マルチング材が土に埋まらないようにするのが目的のシートです。

ザバーン防草シートは、世界的に有名で評価が高いブランドメーカー、デュポン社の製品です。

特に、240シリーズの強力タイプは、
スギナ、チガヤ、ヨシ、笹、セイタカアワダチソウなど、
しつこい雑草を長期間防止する効果に優れています。

また、日光があたる場所でも長時間劣化に耐えます。

砂利下など紫外線が当たらない場所なら半永久的に効果を持続します。

あえて、デメリットをあげるなら値段が高いことですね。

しかし、防草効果と耐久性を考えれば、それだけの価値はある製品といえるでしょう。

楽天市場などで購入できます。

手頃な価格のエコナル防草シート

長期間、使いたいけれど価格は出来るだけ抑えたいという人に特に向いている製品です。

【エコナル防草シート・除草シートの特徴】
シートの厚さは約0.5mm。
色は、むき出しの使用で景観を邪魔しないダークグリーンです。
むき出し、砂利下、どちらにも使用できます。
ハサミでカットできますが高密度不織布のため切り口がほつれません。
高密度な不織布で遮光率が高いのでスギナもブロックできます。
表面がサラサラとした加工になっているので枯葉、砂等が絡み難いです。

高い防草効果があるにも関わらず低価格なのがメリットです。

また、グリーンの防草シートを使いたい人にも好評です。

エコナル防草シートは楽天では販売されていないようですが、
ネットで検索すれば通販サイトがみつかります。

ちなみに、エコナル防草シートとザバーン防草シートは、どちらも不織布ですが、素材、製造方法が違います。

厚さを比べると、一番厚いのはザバーン240で、次がエコナル、ザバーン125(および136G)という順番になります。

遮光率は、ザバーン240、エコナル共に99%以上。

むき出しの状態で防草シートを使用する場合は、エコナルかザバーンの240BBがよいそうです。

防草シートの値段が高いものは効果も高い?

100均では1m×1m。ホームセンターでは1×10mが1000円位の値段で販売されています(2016年現在)。

ザバーンなど高品質のものと比べて、どの程度の違いがあるのか気になりますね。

防草シートは厚さ、素材で強度が変わります。

専門メーカーの商品は、値段が高くなりますが、耐用年数は5~10年と長いです。

草むしりをする労力を考えたら効果が長続きする防草シートが欲しいという場合にはエコナルやザバーンがオススメです。

ホームセンターで販売している防草シートの耐用年数は短いです。

日当たり、日陰など使う場所にもよりますが、一般的に3年くらい経つとボロボロになってくると考えたほうがよいでしょう。

また、スギナなどの強い草がシートを突き破り出てくることもあります(経験済み)。

とはいえ、値段が安いのは魅力ですよね。

値段の安いものを使いたい、スギナ以外の雑草対策に使いたいという場合には十分役立ってくれます。

メリット、デメリットを知ったうえで、使い分けるのがよいと思います。

防草シートを使ってみた感想

我が家では、ホームセンターで購入した防草シートを庭の通路にむき出しの状態で使用しています。

雑草が生えてこないのは嬉しいものですね!

雑草が生えたままの上に防草シートを敷いても効果はあります。

試してみたら、雑草は白くなって枯れてしまいました。

冬の間は雪に埋もれてしまうので秋に剥がして物置にしまい、
春になったら再び敷くという方法をとっています。

庭の雪どけ後、シートを敷かないでいたら雑草が目立ち始めたので、今日は一日中シートを敷く作業をしていました。

耐用年数が過ぎてボロボロになってきたので新しいシートを購入しないといけません。

まとめ買いしたほうがコスパが良いので楽天で注文しようかと考えています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑草対策
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.