除草剤の安全性は大丈夫?除草剤の種類と雑草が枯れる仕組みを調べてみた!

草取り後の雑草の山

抜いても抜いてもどんどん生えてくる雑草はとても厄介。

放っておくと通路だけでなく花壇にも生えてきて見た目もよくありません。

そのうえ、害虫や蚊が発生する原因になってしまうこともあります。

雑草対策にはいろいろなやり方がありますが、その中のひとつが除草剤を使うという方法です。

雑草だらけの庭の手入れは?雑草対策6つの方法!

ただ、薬剤を使うことに抵抗を感じる人もいるかと思います。

特に小さなお子さんやペットがいるご家庭では安全性が気になりますよね。

そこで、今回は除草剤で雑草が枯れる仕組み、除草剤の安全性と種類について調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

除草剤で雑草が枯れる仕組み

除草剤の使用後

除草剤で植物を枯らには次のような方法があります。

・光合成ができないようにして栄養不足にして枯らす
・植物のホルモンを撹乱して枯らす
・アミノ酸、脂肪酸の生成を阻害して枯らす
・活性酸素を生成させて枯らす

光合成をできなくする

植物は光合成をすることで生きていくために必要な栄養を作り出します。

光合成ができなくなれば栄養不足となり枯れてしまいます。

植物ホルモン作用を撹乱する

植物ホルモンは成長促進や休眠打破などの作用があります。

このホルモンの量が多すぎると正常な生理作用ができず枯れてしまいます。

アミノ酸・脂肪酸の生成を阻害する

人間だけでなく植物にとってもアミノ酸や脂肪酸は必要な栄養素です。

植物がこれらの栄養素を自分で作り出すことができなくなると枯れてしまいます。

活性酸素を生成させる

植物に普通以上に活性酸素が生じるような薬剤が使われると、活性酸素の酸化力で細胞が破壊されて枯れてしまいます。

除草剤の安全性は大丈夫?

取った雑草

除草剤は植物特有の機能である光合成やアミノ酸生合成、あるいは植物ホルモン作用を阻害することで枯らす仕組みとなっています。

植物は動物とは性質が生物学的に大きく異なります。

ですから、除草剤は基本的に人間や動物には安全性が高いといわれています。

ちなみに、蟻やバッタに除草剤がかかっても死ぬことはないそうです。

それでも、やはり心配という方は食品由来成分でできているものなど安全性にこだわった除草剤を選ぶとよいでしょう。

関連記事
除草剤のおすすめ種類は?選び方のポイントと効果的な使い方を紹介!
ドクダミ駆除に使う除草剤のオススメは?実際に効果が実感できた除草剤も紹介!

除草剤の種類【生えている雑草を枯らすタイプ】

生えている挫創を枯らす

草取りをしないで放っておいたら雑草だらけになってしまった。

そんな場合に使いたいのが生えている雑草を枯らすタイプの除草剤です。

「茎葉処理剤」とも呼ばれ、液体タイプが多いです。

特徴

葉や茎に直接かけると、かかった部分が枯れていきます。

このタイプの除草剤は地面にかけても効果はありません。

地面に落ちた分は自然分解されてしまいます。

なので、枯れた雑草を片付けたら、すぐに別の植物の植え付けが可能です。

メリットは即効性。商品によっては24時間でほとんど枯らすことができます。

注意点は雑草の予防効果はないこと。これから生えてくる雑草を防ぐことはできません。

使用する時期

葉や茎に直接かけて枯らすので、雑草が十分に成長してからのほうが効果的です。

除草剤の種類【雑草を生やさないタイプ】

雑草を生やさない

草取りを終えた場所や雑草が生え始めた場所の雑草予防に使います。

例えば、通路や砂利を敷いている駐車場、空地などに向いていると思います。

除草剤は根から吸収されて枯れていき、あらたに生えるのを予防することができます。

「土壌処理剤」とも呼ばれ、顆粒タイプが多いです。

特徴

メリットは効果が長期間続くことです。

商品によって多少違いますが、長いものでは6~9ヶ月ほど効果が持続します。

注意点は即効性がないことです。

散布してから1~2週間ほど経ってから枯れ始める商品もあります。

使用する時期

雑草が生え始める前がおすすめです。

春に散布すれば秋から冬の初めころまでは雑草に悩まされることがありません。

さいごに

雑草の生えた空き地

始めて除草剤を買うためにホームセンターにいったら種類が多くてどれを選べば良いのかわからないということはありませんでしたか?

私の場合はそうでした。粒剤と液剤の違いも分かりません。

とりあえず、商品棚の目立つところに置いてある値段が安い除草剤を買って使ってみました。

生えている雑草は枯れましたが、すぐに別の雑草がどんどん生えてきます。

また、草取りをしなくてはならないとガッカリしたものです。

そこで、今回は除草剤で雑草が枯れる仕組み、除草剤の安全性と種類について調べたことをまとめてみました。

植物は自分の成長に必要な栄養を自分で作ることができます。

除草剤は、その栄養を作る働きをさまたげることで枯らしてしまうというわけなんですね。

危険な毒物を使って植物を枯らしているのではないと知って安心しました。

※除草剤を使うときは商品ラベルをよく読み注意事項を守って正しい使い方をしてください。

草取り作業

駐車場や家の周り、空き地など、庭以外に雑草が生えると困る場所はたくさんあります。

除草剤を効果的に使うには、どんな場所に使うのか、どんなふうに枯らしたいのかを見極めることが大切です。

私が除草剤で失敗したのは、雑草が生えてくるのを予防したい場所に生えてしまった雑草を枯らす除草剤を使ったから。

除草剤は、液剤や粒剤タイプなど種類によって適した使用場所や雑草の種類も変わってきます。

芝生に生える雑草には専用の除草剤を使わないといけません。

使用したい場所に合わせた除草剤を使って効率的に雑草対策していきたいですね。

除草剤と防草シートの併用

防草シート

高齢になると、こまめに草取りをして庭や家の周りをきれいな状態に維持するのは大変になってきます。

暑い時期なら熱中症にも注意が必要ですね。

防草シートを敷いて雑草が生える土の部分を減らすなど除草剤を使う以外の方法を取り入れるのもよいかもしれません。

自分自身が高齢になったときに1人できれいな庭を維持できるとは思えません。

元気なうちに除草剤に頼らなくてもいい庭に変えていきたいですね。

関連記事
防草シートで雑草対策
草取りで腰が痛い!腰痛にならない姿勢や方法は?腰痛防止に役立つグッズ紹介!
草取りに適した時期はいつ?草取りにあると便利な道具と服装は?

タイトルとURLをコピーしました