カラーリーフが美しいコリウスの日常の手入れ

コリウス

コリウスはカラフルな葉色をメインに楽しむ植物です。

暑さに強く観賞期間が長いので初夏から秋にかけての花壇に欠かせません。

日常の手入れについてまとめました。

スポンサーリンク

コリウスの特徴

黄色のコリウス

コリウスは、東南アジア原産のシソ科の植物。

本来は多年草ですが寒さに弱いので日本では一年草として扱われています。

観賞期:6~10月
草丈:20~100cm

葉色:赤、黄、白、ピンク、紫など。単色、斑入り葉があります。

葉の形:シソの葉に似ているもの、ギザギザに深く切り込んだもの、細長くて葉先がとがったものなど。

「種から育てる種子系」と「挿し木で増やす栄養系」の2つに分けられます。

種子系は花が咲きやすいのが特徴。

栄養系は花が咲きにくく株が大きくなりやすいのが特徴です。

コリウスの日常の手入れ

コリウスのポット苗

春から出回る苗を購入して育てると簡単です。

最低温度が15℃以上であれば戸外で育てることができ、20~30℃で元気に生育します。

植え付け

コリウスの植え付け
根が傷むと株が弱ってしまうことがあります。

ポット苗は、根鉢をくずさずにそのまま植え付けましょう。

地植えの場合は、事前に腐葉土を混ぜ込んで水はけを良くしておきます。

さらに元肥として緩効性化成肥料を少量混ぜ込んで下さい。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土を使うと簡単です。

置き場所

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

ただし、夏場の強い直射日光では葉色があせることがあります。

鉢植えは半日陰に移動させましょう。

一時的に葉色が悪くなった場合でも秋になれば再び鮮やかな葉色になることもあります。

肥料

植え付けた後、1ヶ月過ぎたら、定期的に追肥をします。

緩効性化成肥料なら月に1回、液体肥料なら2週間に1回与えましょう。

肥料切れを起こすと葉色が薄くなることがあります。

水やり

地植えの場合、特に必要ありません。

鉢植えの場合、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。

極端に乾くと葉がしおれたり下葉が落ちたりします。

水切れさせないように注意が必要です。

摘芯

株全体の姿を整えたい場合や大きくしたくない場合は摘芯をおこないましょう。

目安は、1週間から2週間に1回。

・本葉が10枚くらいになったら頂点の芽を摘み取る
・下の方からわき芽が伸びてくる
・また、頂点の芽を摘み取る

繰り返すことでバランスよくまとまった株になります。

コリウス

花摘み

夏から秋にかけて小さな花を穂状に咲かせます。

花も楽しみたい、種を採りたいという場合はそのまま花を咲かせて問題ありません。

ただし、花が咲くと養分を取られ葉色が薄くなってしまいます。

カラーリーフとして楽しみたい場合は花が咲く前に摘み取ってください。

害虫

ヨトウムシ、ナメクジ、ハダニが発生することがあります。

ハダニは高温乾燥期に発生します。

葉裏にもしっかりと水をかけてやることで予防できます。

増やし方

挿し芽で増やすことができます。

気温の高い時期ならいつでも可能。適期は6~8月。時期が遅いとあまり育ちません。

・茎の先端から7cmくらいに切る
・下の方の葉を取り除く
・水はけのよい土にさす
・土が乾かないようにして明るい日陰で管理

※気温が高い時期なら2週間くらいで根が出ます。

水ざしでも発根します。

方法は水を入れたコップに切り取った茎を入れておくだけ。

水の中には葉が浸からないようにします。

根が出るまでの間、水はこまめにかえるのがポイント。

冬越し

10℃以下になると葉が落ち始め、霜に当たると葉が枯れてしまいます。

冬越しさせる場合は、霜が降りる前、11月頃に室内に取り込みます。

室内では日当たりが良く暖かい場所に置き、最低でも10℃以上で管理します。

栽培記録2022

※栽培地域:東北地方北部
地植えしたコリウス
・6月下旬。ポット苗を購入。雨の日が続き、しばらく放置。
・7月上旬。庭に植え付け。

コリウスの水さし
コリウスの水さし
・混みあった茎を切り取り水さし。3週間ほど経ったもの。
 水は毎日交換。
 緑葉は順調に根が伸びるが赤い葉のほうは根の伸びが遅い。

発根したコリウス
・根が伸びた茎をポットに植え付け2週間経ったもの。

さいごに

コリウスの特徴と日常の手入れについて調べたことをまとめました。

赤や黄色など花のように美しい葉を持つコリウス。

花がらを摘むのが面倒でカラーリーフをメインに楽しみたいと思っている私にピッタリ。

十年以上前に育てた時は摘芯することも知らずに植えっぱなしでした。

今回、久しぶりに苗を購入したので挿し芽を試しているところ。

寒冷地ですが冬越しできるかも試してみたいですね。

秋になったら鉢植えにして室内に取り込んでみる予定です。

1年草
スポンサーリンク
楽して楽しむガーデニング
タイトルとURLをコピーしました