カエデ・モミジの育て方

紅葉の美しい季節になりました。カエデは秋に紅葉する木の代表といえるでしょう。ところで、この時期になると、カエデとモミジの違いは?と思ってしまいます。

カエデは漢字では楓と書きますが、葉の形がカエルの手に似ていることからついた名前だそうです。このカエデの仲間にはイロハモミジのようにモミジの種名がつくものもあります。ややこしいですね。

kaede01

カエデにモミジの種名がついているのは、紅葉が特に美しいからという理由のようです。植物分類学上はモミジもカエデも同じカエデ属の植物です。モミジという属はありません。

モミジは漢字で紅葉や黄葉と書くように色づく葉っぱの植物全般を指すこともあります。童謡「もみじ」の歌詞では「楓や蔦は~♪」と色づく植物の総称として使われていますね。

ただし、盆栽などでは区別されていて、イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、トウカエデ(切れ込みが3つのもの)をカエデと呼んでいます。

カエデは種類が多く、日本に自生する主なカエデには、イロハモミジ系・オオモミジ系・ヤマモミジ系・ハウチワカエデ系などがあります。園芸品種も多く葉の形や大きさ、樹形も様々です。鉢植え、庭植えなどの用途によって品種を選ぶとよいでしょう。

kaede02

カエデ・モミジの育て方

カエデが紅葉を迎える11月は植え付けの適期にもなります。カエデの植え付けは11月下旬から春に芽吹く直前までに行ないますが、ポット苗ならば真夏を除けばいつでも行なえます。ただし、寒い地域では12月~2月の極寒期は避けましょう。

庭植えでは、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。鉢植えの場合は、小粒の赤玉土7に完熟牛ふん3くらいの割合で混ぜた用土で植えつけます。

美しい紅葉を楽しむためには日当たりに植えるとよいです。2~3時間の日光でも大丈夫ですが、日当たりが悪くなるにつれ葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。

肥料は開花前に寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料を与えすぎると紅葉しなくなるので、肥料は寒肥だけにします。

鉢植えのカエデを美しく紅葉させるポイント
・葉焼けをさせるといけないので夏は半日陰に置く
・水を好む木なので水切れさせないように注意
・秋に入ったら十分、日光に当てる
・秋に昼夜の気温差が激しくなること
 (夜の冷え込みが2週間ほど続くと紅葉が始まるので、夜露に当て夜間温度を低く保つ)