トクサ(砥草)の育て方

トクサ

トクサ(砥草)は和風の庭によく利用される植物です。生け花の花材として使われることも多いですね。

今回は、トクサの特徴や育て方、実際に育ててみた感想、庭植えにする場合の注意点などを紹介します。

トクサとは|特徴

トクサ科の常緑性多年草です。

北半球の温帯に広く分布する植物で日本では中部地方から北海道にかけての山間の湿地に自生しています。

地下茎を伸ばして、そこから直径5~7mmの茎を直立させ、高さは30~100cmになります。

茎は濃い緑色で表面がザラザラしてかたいのが特徴。

砥石に似て茎でものを研ぐことができることから、砥草と呼ばれるようになりました。

観賞用に栽培されることも多く、坪庭や日本庭園の下草として植えられたりします。

トクサはすっきりとした草姿をしているので、狭い通路わきの植栽にも向いています。

ちなみに、土壌を選ばず地下茎を伸ばして広い範囲に繁殖する性質があります。

繁殖力の強さは、同じトクサ科のスギナをイメージすると分かりやすいでしょう。

なので、庭植えする場合には注意が必要です。

植えた場所から数メートル離れた地面からトクサが生えてくるというケースもあるそうです。

tokusa00

トクサ(砥草)の育て方

トクサは暑さ寒さに強く、日なたを好みますが、日陰でやや湿り気のある場所でも育ちます。

水はけのよいところに植えれば、手入れの必要はないくらい栽培は容易です。

鉢植えの場合は水が切れないように注意し鉢土の表面が乾く前に、鉢底から出るくらいたっぷりと与えましょう。

トクサは株分けをして増やせます。

地上の茎が2~3本付いた状態で地下茎を切り分けて植えると根づきます。株分け時期は、真夏以外であれば、いつでも可能です。

病害虫は特にありません。

トクサ(砥草)を育ててみた感想

tokusa01
我が家にもトクサが植えてありますが、育てるのは本当に手間いらずです。

寒さにも強く、庭植えで霜が降りても雪が積もっても冬越しできています。

トクサは地下茎が横に伸びていくので、時々離れたところから生えてきてビックリさせられることも。

放っておいたら、他の植物を植えているところまで根を伸ばし、占領しかねないほどに増えてしまいました。

侵入を防ぐために、一度、掘り上げた株の根を不織布でまいてから植え付けたりもしました。

しかし、あまりにも増えすぎたため、結局は、全部掘り上げてしまいました。

スギナやドクダミのように地下茎で増える繁殖力の強い植物を庭植えする時は、本当に注意しないと後で大変な苦労をすることになりますね。

そんな訳で、現在は、鉢植えだけで育てています。