ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

植物の台風対策!庭木やベランダの鉢植え植物を暴風雨の被害から守るには?

更新日:

台風

本格的な台風シーズンが到来します。

庭木やベランダの鉢植えなど大切な植物を台風の被害から守る対策をまとめてみました。

スポンサーリンク




鉢植え植物の台風対策

鉢植えは、強風・暴風で転ばないようにする必要があります。

豪雨が予想されるなら雨が当たらないようにすることも大切ですね。

鉢植えの数が少ない場合は、玄関など屋内に取り込んでしまうと安心です。

屋内に取り込めきれない場合には次のような方法で強風対策をするとよいでしょう。

・風や雨が当たらない場所に移動(軒下や壁際など)
・鉢植えを1ヶ所に集めて置く

多肉植物やミニ盆栽、プラスチック製の軽い鉢植えなどはダンボール箱などにまとめて入れ、ビニールシートをかぶせておくという手もあります。

・草丈の高い鉢植えは支柱を挿して、不織布やビニールシート等で全体をおおう
・ブロックで鉢の周りを囲って転ばないようにする

庭木や地植え植物の台風対策

台風

強風で庭木の枝が折れたり、暴風で傾く恐れがあります。

枝が込み合っている場合は、剪定をして風通しをよくしておきましょう。

植えたばかりで根付いていない庭木の場合は幹が折れたり抜けてしまう可能性があります。

支柱を立てて木を固定しておきましょう。

草丈が高い植物も強風で倒れないよう支柱を立てておきます。

その他、ジョウロやバケツ、ホウキなどガーデニンググッズも忘れずに取り込んでおきましょう。

風に飛ばされて窓ガラスが割れるなど予想外の事態が起こらないとも限りません。

また、土や落ち葉などが原因で排水溝が詰まるケースが多いので必ずチェックしておきましょう。

天気予報「やや強い風」は、風速どれくらい?

台風の長雨・豪雨対策

秋の台風は雨による被害が出やすいといわれていますが、夏の台風でも雨台風は多いので油断はできません。

雨が続くと、蒸れやすくなるので病害虫の発生が多くなります。

また、いつまでも土が湿っている状態だと根腐れを起こす可能性が高くなってしまいます。

防ぐためには、どうすればよいのでしょうか?

植え付ける時に、土を盛り上げて高くすると水はけがよくなります。

家庭菜園で「高畝にする」というやり方ですね。

溝を掘って排水するのも大切ですが、土自体の水はけを良くすることも重要です。

地植えは、腐葉土や赤玉土、鹿沼土などを入れて水はけの良い土に調整しましょう。

土壌改良には時間がかかるので普段から意識して少しずつ行っていきたいですね。

台風対策、通過後は庭全体のチェックと片付け

niwasigoto

台風通過後は、庭全体をチェックしましょう。

枝や茎が折れていないか、あるいは、傾いたり倒れていないかを確認します。

目立った被害がないときでも、激しい風雨で枝葉に泥などの汚れがついていることがあります。

葉に汚れが付いたままにしていると病気にかかりやすくなります。

散水用のシャワー等を使って洗い流しておきましょう。

また、葉がたくさん落ちるので掃き掃除が必要です。

落ちた葉が排水溝に溜まると詰まる原因になるので忘れずに確認しておきましょう。

さいごに

植物の台風対策は、実際に風雨が強くなってからではたいへん危険です。

早め早めの作業が肝心です。

台風通過後も安全を確認してから後片付けを行いましょう。

関連記事
特別警報の意味や種類!警報・注意報との違いとは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-季節のガーデニング作業
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.