猫避けに効果があるハーブとは?植物を使った猫よけ対策

cat04

野良猫が、庭や花壇に入り込んで困ったことはありませんか?

ネコが苦手な人はもちろん、ネコ好きなの人にとっても、庭をトイレに使われてるのは迷惑なものです。

猫避けといえば100均で販売されている薬剤やグッズがありますが、その他に、植物を使って猫避けすることが出来るのだそうです。

今回は、猫よけ対策に効果が期待できる植物(ハーブ)を紹介します。

ネコ避けに有効な物|柑橘類のハーブは苦手

猫の嫌がる香りのするハーブを庭に植えたり、鉢植えを猫の通り道に置く方法が有効だといわれています。

一般的に臭いが強い植物を嫌うといいますが、特に、柑橘系のにおいが苦手だそうです。

猫が嫌うハーブにはどのようなものがあるか調べてみました。

【ルー(別名ヘンルーダ)】
ミカン科の多年草で南ヨーロッパ等が原産。耐寒性があり比較的丈夫なハーブです。夏には黄色い花が咲き、高さは50~100cmになります。花は観賞用のほかドライフラワーとして楽しめます。

独特の強い柑橘系の香りがあり、オーストラリアでは猫が嫌がる植物として有名です。この強い香りは、猫はもちろん、ハエなどの昆虫類も苦手なようで、アリよけにもなります。

猫不寄(ネコよらず)とも呼ばれ、ホームセンターで売られています。

ヘンルーダを購入した記事はコチラ

【ニラ】
ハーブというより野菜のイメージが強いニラですが、猫よけや防虫効果があるといわれています。
丈夫で育てやすく食用の楽しみもあって一石二鳥。きれいな白い花が咲きます。

ニラの栽培(育て方)
コンパニオンプランツとしてニラを利用

【コリウス カニナ】
シソ科のハーブで草丈は30~50cmになります。葉は明るいグリーンで花壇用の素材としてもおすすめです。

その他、猫よけ植物として知られているものは以下の通りです。

ローズマリー
ペパーミント
スペアミント
ランタナ
ユーカリ
ゼラニウム
タマネギ
ニンニク
チャイブ
マリーゴールド

ローズマリーやミントは丈夫で育てやすく料理にも使えるので特にオススメのハーブです。

レモングラスの猫避け効果は?

レモングラスも猫が嫌うハーブだといわれていますが…。

実は、猫にとって大好物な草らしいです。検索すると猫はレモングラスが大好きという情報がたくさん見つかりました。

猫草と同じイネ科の植物で、グルーミングにより胃の中に溜まってしまった毛玉を吐き出すための猫草になるハーブだということです。

なので、庭に植えるのは逆効果。
「猫よけ」どころか逆に「猫よせ」になってしまうそうですよ!

猫よけにハーブを植えるポイント

個体差があるので、嫌い・苦手といわれる植物でも、あまり反応しない猫もいます。

柑橘系の匂いが平気な猫も多いようです。

また、匂いに慣れてしまって反応しなくなる場合もあります。

高い効果を期待するなら数種類のハーブをミックスして植えるのがポイントだそうです。

猫よけとアリよけ効果のあるハーブを試す

いろいろと調べてみた結果、猫不寄(ネコよらず)という植物を試してみたいと思っています。

毎年、アリに悩まさせているので「アリよけ」にもなるという点が魅力ですね。

効果がどの程度あるかは実際に試してみないと分かりません。

ただ、猫への安全性とガーデニングの楽しみの両立を考えるとやってみる価値はありそうです。

どうしてもダメだったらネコよけ対策グッズの出番でしょうか。

関連記事
猫から鉢植え植物を守る対策は?観葉植物の被害を防ぐ方法
猫よけ対策は猫の習性を利用して効果的に!
猫にとって危険な有毒植物とは?部屋に置いても安全な観葉植物を紹介!
100均の猫よけマットは効果ある?野良猫対策グッズを試した結果は?
ルー(ヘンルーダ)の育て方と防虫・ネコよけ効果