ハート型の植物 ホヤ・カーリーの育て方

ホヤ・カーリーはガガイモ科ホヤ属の多肉植物で、熱帯アジア原産です。

ハート型が可愛らしいので、葉の部分だけを植えた鉢にラブラブハートなどと色んな名前を付けて売られています。

バレンタイン ギフトとしてチョコレートと一緒にプレゼントされることも多いです。タイでは好きな人にプレゼントすると思いが叶うと言われているとか。

「ホヤ・カーリー」は学名で、和名は「サクララン・カリー」ですが、「ホヤ・ケリー」「ハートホヤ」「スウィートハート」「ナチュラルハート」「ラブラブハート」「ホヤベラ ハート」など、様々な商品名があります。

園芸店やホームセンター、100均ショップなどで購入できます。

葉の部分だけを植えた状態で売られていることが多いため、サボテンみたいに葉が本体なのかと思ってしまいますが、本来は、つる性の植物です。

根は出ても新芽を出すことはなく、葉の寿命が尽きればお終いということです。

それでも、上手に管理すれば1年以上もつという話も聞きます。購入したら大事に育ててあげたいものですね。

葉に茎の一部を付けて挿し木したものは、問題なく新芽を伸ばします。

ホヤ・カーリーの鉢植えは、カーテン越しの日のあたる室内に置きます。斑入りの品種は真夏の強い日ざしや西日が当たる場所に置くと葉焼けの原因になります。

耐寒性は弱いので、冬は10℃以上の室内で管理します。最低でも5℃程度は保てる場所がよいです。

乾燥に強い植物です。水やりは、表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。

葉に少ししわが出てきた頃でも大丈夫です。冬は、休眠期にあたるので水やりは控えめにします。

肥料は、春~秋にかけて1ヶ月に1回程度を目安に液体肥料を与えます。

通気性と吸水、排水性が良い土壌を好みます。

赤玉土と腐葉土の混合土に植え付けます。サボテンの土でも、よいかもしれません。

根が鉢底から出てきたら、植え替えをします。

カイガラムシなどが発生することがあります。ティッシュや古くなった歯ブラシなどを用いて早めに除去し薬剤を散布します。

挿し木で増やせます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ