ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

雑記

特別警報とはどんな意味?警報・注意報との違いは?

投稿日:

暴風雨

大雨や暴風などの災害は他人事ではありません。

いざというときに適切な行動がとれるように
特別警報・警報・注意報の意味や種類、違いに
ついて調べてみました。

スポンサーリンク




特別警報・警報・注意報の意味と種類は?

警報
出典:tenki.jp

【注意報の意味と種類】
災害が発生するおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報です。

以下の16種類があります。

「大雨」「洪水」「大雪」「強風」「風雪」
「波浪」「高潮」「濃霧」「乾燥」「雷」
「着氷」「着雪」「融雪」「低温」「霜」
「なだれ」

【警報の意味と種類】
重大な災害が発生するおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報です。

以下の7種類があります。

「大雨」「洪水」「大雪」「暴風」「暴風雪」
「波浪」「高潮」

注意報より危険度が上がっているので、強い警戒が必要です。
・不要な外出は避ける
・川や海のそばには近づかない(洪水警報や波浪警報)

【警報・注意報の発表基準は?】
降水量や風速などの気象要素や指標を
数値化した基準をもとに発表されます。

ただし、地理的な特性や過去の災害事例などを考慮するので
発表基準は地域によって異なります。

【特別警報の意味と種類】
「警報」の発表基準をはるかに超える、
数十年に一度の大災害が起こると予想
される場合に発表されます。

「大雨」「大雪」「暴風」「暴風雪」「波浪」「高潮」
の6つの特別警報があります。

注意報や警報よりも、より著しく危険性が高まっている状態。

危険度が一番高いのが「特別警報」です。

対象とする現象は、
・東日本大震災における大津波
・伊勢湾台風の高潮
・「平成23年台風第12号」の紀伊半島の豪雨

等が該当します。

自分がいる地域に特別警報が発表されたら

ただちに命を守るための行動をとる必要があります。

※特別警報が発表されない場合でも、
 災害が発生しないということではありません。

※特別警報が発表される前に、時間を追って段階的に
 気象情報、注意報、警報などが発表されます。
 最新の情報の入手に努め、注意・警戒をしましょう。

特別警報・警報・注意報を理解して適切な行動を!

安全を守るためには、特別警報・警報・注意報の意味を
理解しておくことが大切ですね。

数十年に一度、五十年に一度という大雨や大雪などで
自分が住んでいる地域に「特別警報」が発表!

そういう状況は、長生きをしている高齢者の方を含め
ほとんどの人が初めての経験になると思います。

ここ数年の大雨・大雪をみると、今まで一度も
災害が起きていなかった地域でも、油断は禁物です。

いざというときに慌てずに行動ができるように
日頃から、災害に備えておきたいですね。

参考サイト
気象庁
政府広報オンライン

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.