ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

ハーバリウムの材料と作り方!必要な材料は100均で売ってる?

更新日:

ハーバリウム

ハーバリウムは母の日や誕生日などにプレゼントしたりお部屋に飾って楽しんだりする人気のインテリア雑貨です。

美しい花やグリーンがガラス瓶の中でふわふわと揺れる様子は、癒し効果も抜群。

今回はハーバリウムに必要な材料と基本の作り方を紹介します。

スポンサーリンク




ハーバリウムとは?

ハーバリウム

ハーバリウム(herbarium)とは、もともと押し花などの「植物標本」を指す言葉です。

日光を当てたり水をあげたりする必要もありません。

リビングはもちろん、キッチンや玄関、トイレなど置く場所を選ばないのも魅力ですね。

ハーバリウムに必要な材料

ハーバリウムの材料

ガラス瓶

中に入れる液体が漏れないようにキャップ付きものを使用します。

ハーバリウムを作るのが始めての場合は作りやすいスリムボトルがオススメです。

保存用の液体

流動パラフィン(ミネラルオイル)やシリコーンオイルを使います。

流動パラフィンは気温が低くなると白く濁ってしまいますが値段が比較的安いです。

一方、シリコーンオイルは流動パラフィンより値段が高いですが気温が低くても白く濁ってしまうことはありません。

個人でハーバリウムを楽しむ分には流動パラフィンで十分だと思います。

流動パラフィンはジョンソンのベビーオイルの主成分なので流動パラフィンのかわりにベビーオイルを使ってハーバリウムを作る人も
いるようです。

ただし、ベビーオイルは植物の色素を溶かしてしまう傾向があるといわれ長持ちしない可能性があることを知っておいてください。

花材

ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの水分を抜く加工をした花材を使います。

着色されているドライフラワーを使うと、塗料の種類によっては色落ちします。

その結果、オイルが変色してしまうことがあるので注意しましょう。

ハーバリウムの作り方

ハーバリウムの作り方

①ガラス瓶を洗浄後、消毒・乾燥

カビや雑菌の繁殖を防ぐため、洗浄・消毒・乾燥が必要です。

新しく購入したガラス瓶を使う場合でも洗ってから使用したほうがよいでしょう。

ポイントは、しっかりと乾かすこと!

水分が残っているとそこから菌やカビが☆?殖してしまいます。

心配な方は洗ったあとさらに消毒用エタノールなどで消毒するとよいでしょう。

②花材をガラス瓶に入れる

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れます。

必要に応じて花材の長さをカットして入れていきましょう。

入れる花材が少なかったり短いものばかりだとオイルを注いだときに上の方に浮いてしまいます。

下の方がスカスカになるので気をつけましょう。

細長いガラス瓶で作る場合、同じ長さにするよりも、それぞれ長さを変えたほうが出来上がりがキレイです。

最初は、長めにカットしてガラス瓶に入れてみましょう。

そこから少しずつ長さを調整していくようにすると上手くいくと思います。

入れるときは、長めのピンセットを使うと作業がしやすいです。

③オイルを入れる

全部入れ終わったら、ガラス瓶にオイルを入れます。

キャップを閉めればハーバリウムの完成です。

オイルは温度によって容積が変わります。

ガラス瓶いっぱいに注ぐと溢れてしまう恐れがあるのでキャップとオイルとの間に少し空間を残すようにしましょう。

また、オイルは服などに付着するとシミになる場合があります。

液漏れしないようにキャップはしっかりと閉めてください。

ハーバリウムに必要な材料は100均で売ってる?

ハーバリウムを作る

必要な材料は、上記の作り方で紹介したものと同じ。

フタ付きのガラス瓶、保存液、ドライフラワーの3点です。

ただし、100均では全て同じものが手に入るというわけではありません。

保存液はベビーオイル、ドライフラワーは造花を代用品として使います。

造花を使うので、ガラス瓶の消毒もあまり神経質になる必要はないかもしれません。

【追記】セリアには専用の材料が売っている

手芸用品が充実している100均「セリア」ではハーバリウム専用の材料が販売されています。

※セリアでも店舗によっては取り扱いがないこともあります。

容量は少ないですがオイル、ドライフラワー、ピンセットも専用のものです。

手軽なハーバリウムのキット

材料をそろえるのが面倒だと感じる人はハーバリウムのキットがオススメです。

最後に

ハーバリウム

ハーバリウムは日当たりを気にせず手入れ不要で花やグリーンが楽しめるのが魅力です。

暑さで花が枯れやすい夏や花が少なくなる冬でも一年中キレイな花が楽しめるのはいいですね。

ただ、販売されているのをみると値段が結構高いです。

手作りしようと思っても手芸店で販売されているものは値段が高かったり量が多かったりして無駄がでそう。

100均なら量が少ないので試しに作ってみるのにピッタリですね。

まずは、セリアで材料を購入してミニサイズのハーバリウムを作ってみようと思っています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.