ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

咲き終わったラベンダーの手入れは?なぜ剪定しないといけないの?

投稿日:

ラベンダーの剪定

花が咲き終わったラベンダーをそのままにしていませんか?

花後に剪定をするかしないかで、その後の育ち具合が
違ってくるといわれています。

来年も花を楽しむために、ラベンダーが咲き終わったら手入れをしましょう。

この記事では、イングリッシュ系ラベンダー(コモンラベンダー)の
基本的な剪定方法を初心者向けに紹介します。

スポンサーリンク




ラベンダーを剪定する理由は?

放っておくと根元が見えなくなるほど
たくさんの茎が生えてきます。

ラベンダーは、暑さ、蒸れ、風通しの悪さが苦手。

そのままにしておくと、日光が当たりにくく
風通しも悪くなってしまいます。

また、開花中は、株に負担がかかっている状態です。

梅雨が重なると、負担はさらに大きくなってしまいます。

ですから、咲き終わった花茎は切り取って、
さらに、込みあった枝も少し減らしましょう。

花茎を切ることで株の負担を減らし
枝を切ることで風通しがよくなります。

できれば、花が咲いている時に収穫を行い、
その後、剪定を行うのがいいですね。

でも、せっかく咲いてくれた花は、
そのままで楽しみたくなりますよね。

花を眺めているうちに、収穫のタイミングを
逃してしまうこともよくあります。

花が終るまで咲かしてしまった場合でも、
梅雨が明けて本格的な夏の暑さがやってくる前に
剪定を終わらせるようにしたいですね。

咲き終わったラベンダーの手入れ・剪定方法

剪定するのは花茎と枝です。

剪定する時間がないという人は、
最低限、花だけでも落としておくといいですよ。

【花(花茎)の剪定】
咲き終わった花を伸びた茎ごと切ります。

もう少し丁寧に剪定するなら、
花茎の下、新芽ができ始めている少し上で切ります。

【枝の剪定】
風通しをよくするために行います。

最初に、地面についているような枝があったら、
株元に近い所から切りましょう。

次に、込み入った枝を減らします。

ポイントは、なるべく古い枝を減らすこと。

株元近くから小さな新芽が出ていれば、
古い枝を株元近くから切っても大丈夫です。

最後に

来年も、たくさんの花を咲かせるために
剪定はとても大事な作業です。

初めてラベンダーを育てる人は、剪定といっても
どの枝を切ったらよいか迷いますね。

しかし、自己流で剪定すると私みたいに
古い枝を切らずにずっと残しておくといった
失敗をするので注意してください。

剪定する理由を知って、正しい方法で枝を切る
ことが、株を元気に育てるポイントです。

関連記事
ラベンダーの育て方!枯れる原因は?
ラベンダーの剪定時期と方法は?強剪定の適期はいつ?
ラベンダーのドライフラワーの作り方!冷蔵庫で乾燥させる方法とは?
ラベンダー畑の名所の見頃はいつ?関東で日帰りできるのは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ハーブ
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.