ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ハーブガーデニング

イングリッシュラベンダーの育て方!花後の剪定方法は?

投稿日:

イングリッシュラベンダー

イングリッシュラベンダーは、美しい紫色の花とよい香りが魅力のハーブです。

今回は、イングリッシュラベンダーの花後の剪定方法、
夏越し、冬越しのコツなど育て方について紹介します。

スポンサーリンク




イングリッシュラベンダーの特徴

アングスティフォリア系と呼ばれたり、
真性ラベンダー、コモンラベンダーという名前で呼ばれることもあります。

北海道でよく栽培される種類です。

初夏に香りのよい花を咲かせ、ドライフラワー、ポプリなどに利用されます。
香料の原料としても知られています。

花色は紫の他に、白い花を咲かせる品種もあります。

寒さには強いのですが、高温多湿を嫌うので関東以南の
暖かい地域では育てにくいです。

暑い地域では鉢植えがおすすめです。

イングリッシュラベンダーの育て方

苗の植え付けは、3~5月または9~10月が適期です。

日当たりと風通しの良い場所を好みます。

過湿を嫌うので梅雨などに水はけが良い場所を選びましょう。

鉢植えの場合は水の与えすぎに注意が必要です。

やせた土壌を好み、肥沃な土は苦手です。
普通の土壌であれば、肥料を与える必要はありません。

【夏越しのコツ】
下記で説明するように、初夏に剪定して風通しを良くしておきます。
鉢植えの場合、西日の当たらない風通しのよい場所に置きましょう。

【冬越しのコツ】
寒さに強いので、特に防寒対策は必要ありません。
ただし、土が凍ると枯死します。
寒冷地でも雪が少ない地域では寒風により土が凍結することがあります。
株元に腐葉土やワラを敷いて寒風が当たらないようにしましょう。

イングリッシュラベンダーの剪定時期・方法

そもそも、なぜ剪定が必要なのか、ご存知ですか?

ラベンダーは、夏の暑さ、蒸れ、風通しの悪さが苦手な植物です。

ですから、梅雨から夏の時期はラベンダーにとって過酷な環境になる時期と言えます。

この時期に開花すると株には負担がかかってしまうということですね。

負担を減らすために、花が咲き終わったら剪定して、風通しよくすることが大切になるというわけです。

花が咲いている時に収穫をして、その後剪定を行うのが理想的です。

花茎の剪定と枝の剪定、2つに分けて行うとよいでしょう。

一つは花(花茎)を剪定すること。もう一つは風通しを良くするため枝を剪定することです。

【花(花茎)の剪定】
まずは、咲き終わった花を、伸びた茎ごと切り取りましょう。

時間がない時は、とりあえずこれだけでもしておくとよいです。

きちんと剪定するなら、花茎の下、新芽ができ始めている少し上で切りましょう。

【枝の剪定】
次に、風通しをよくするため、枝を剪定します。

地面についているような枝があったら、株元に近いところから切りましょう。
これで株元の風通しが良くなります。

それから、込み入った枝を切ります。なるべく古い枝を減らすのがポイント。
株元の近くから切ります。

思いきって剪定しても大丈夫か心配になるかもしれませんが、
株元近くから小さな新芽が出ていれば、心配ありません。

最後に

ラベンダーは育てるのがむずかしいというイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

青森でイングリッシュラベンダーのヒドコートを育てています。
初心者でも栽培はそれほど困難ではないと思っています。

イングリッシュラベンダーに限ったことではありませんが、
ポイントは、気候が合う品種を選ぶことですね。

水はけと風通しと日当たりに気を付ければ、順調に育ってくれますよ。

今まで、開花したら咲き終わるまで、そのままにして楽しみたいと、
思っていました。

でも、梅雨の時期とも重なって、剪定のタイミングを逃してしまう
ことが多かったです。

ラベンダーには、ずいぶんと負担をかけることをしていたんですね。

これからは、花が咲き終わらないうちに収穫してドライフラワー
などにして楽しむことにしようと思っています。

剪定時期も逃さないよう、適期に行っていきたいですね。

関連記事
ラベンダー畑の名所の見頃はいつ?関東で日帰りできるのは?
ラベンダーの種類と特徴!初心者が育てやすい品種は?
うさぎ耳みたいな花が可愛い!フレンチ ラベンダーの育て方
レースラベンダーの育て方!剪定時期や夏越し・冬越しは?
ラベンダー ポプリの簡単な作り方!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ハーブガーデニング
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.