庭木

庭木

エニシダの特徴と育て方!剪定時期と方法は?

エニシダは春に鮮やかな黄色い花を咲かせる樹木です。開花時期を迎えると長く伸びた枝にびっしりと花をつけるのでとても見応えがあります。エニシダの特徴と種類、剪定時期など育て方のポイントを紹介します。
庭木

シコンノボタン(紫紺野牡丹)の特徴と品種、育て方!冬越しのポイントは?

シコンノボタン(紫紺野牡丹)は紫色の花を咲かせるブラジル原産の常緑低木です。シコンノボタンの特徴と品種、冬越し方法など育て方のポイントを紹介します。
庭木

フヨウ(芙蓉)の特徴と育て方!フヨウとムクゲの違いとは?

フヨウ(芙蓉)は夏に花を咲かせるアオイ科の落葉低木です。日本では古くから親しまれ栽培されてきました。フヨウの特徴と剪定時期など育て方のポイント、フヨウとムクゲの違いについて紹介します。
庭木

ムクゲ(木槿)の特徴と種類、育て方!剪定時期と方法は?

ムクゲは中国原産のアオイ科の落葉低木。夏から秋にかけて涼しげな花を次々に咲かせます。ムクゲの特徴と品種、剪定時期など育て方のポイントを紹介します。
庭木

ハナカイドウ(花海棠)の特徴と育て方!剪定時期と方法は?

ハナカイドウ(花海棠)はピンクの花を枝いっぱいに咲かせる春を代表する庭木です。今回はハナカイドウ(花海棠)の特徴と育て方、翌年も花を咲かせるための剪定時期と方法を紹介します。
庭木

ボケ(木瓜)の特徴と種類、育て方!剪定時期と方法は?

ボケ(木瓜)は早春から春にかけて梅に似た花を咲かせる落葉低木です。平安時代から親しまれてきた庭木で盆栽や生け垣などに使われています。ボケの特徴と種類、剪定時期・方法など育て方のポイントを紹介します。
庭木

ハナモモ(花桃)の特徴と種類、育て方!剪定時期と方法は?

ハナモモ(花桃)はモモ(桃)の種類のひとつ。花を観賞するために品種改良された樹木です。日本では古い時代から栽培され、ひな祭りの花としても親しまれています。ハナモモの特徴と種類、剪定時期・方法など育て方のポイントを紹介します。
庭木

アセビ(馬酔木)の特徴と育て方!剪定時期と方法は?

アセビ(馬酔木)は早春にスズランに似た小花を房のように咲かせる庭木です。万葉の時代から親しまれてきた植物のひとつですね。アセビの特徴と種類、剪定時期・方法など育て方のポイントを紹介します。
庭木

ナンテンを実生で育てる方法と挿し木で増やす方法は?栽培記録も紹介!

縁起の良いナンテンはお正月花の定番植物のひとつですね。飾ったあとに実から種を取り出して育てることはできるのでしょうか。今回はナンテンを実生で育てる方法と挿し木で増やす方法をまとめてみました。実際に種まきから栽培した記録も紹介します。
庭木

ノリウツギ(ピラミッドアジサイ)の特徴と種類、育て方!剪定時期と方法は?

ノリウツギ(ピラミッドアジサイ)は夏から秋にかけて円錐状の花を咲かせる樹木です。暑さや寒さに強く春に伸びた枝に花が咲くタイプなので剪定が簡単なのも特徴。今回はノリウツギ(ピラミッドアジサイ)の特徴と種類、剪定時期など育て方のポイントを紹介します。
庭木

カルミアの特徴と育て方!花後の手入れ、剪定時期と方法は?

カルミアは金平糖のようなツボミとパラソルのような形の花が可愛らしいツツジ科の常緑低木です。ツボミと花の内側の色の対比も美しく鉢植えでも地植えでも楽しめます。今回はカルミアの特徴と品種、花後の手入れや剪定時期など育て方のポイントを紹介します。
庭木

ニオイバンマツリの特徴と育て方!剪定時期と方法は?

ニオイバンマツリは初夏に良い香りのする花を咲かせる植物です。花色が変化するのが特徴で満開時期には3つの色が楽しめますよ。ニオイバンマツリの特徴と剪定時期など育て方のポイントを紹介します。
庭木

チェッカーベリーの特徴と育て方!剪定時期と方法は?

チェッカーベリーは冬に可愛らしい赤い実をつける樹木です。マンリョウやセンリョウよりも実が大きいのが特徴。一鉢でもインパクトがありますがビオラやハボタンなどと組み合わせても楽しめますよ。チェッカーベリーの特徴と剪定時期と方法など育て方のポイントを紹介します。
庭木

アジサイ アナベルの特徴と栽培ポイント!剪定時期と方法は?

アナベルは初夏になると手毬状の純白の花を咲かせるアジサイの仲間です。今回は、アジサイ アナベルの特徴と栽培ポイント、剪定時期と方法について紹介します。
庭木

ナンテン(南天)の特徴と種類、育て方!実がならない理由とは?

ナンテン(南天)は縁起のよい木といわれ、お正月に飾られることが多いですね。赤や白の実が美しく紅葉も楽しめるのが魅力です。ナンテンの特徴と主な種類、剪定時期と方法など育て方のポイントを紹介します。実がならない理由についてもまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました