今年は空梅雨?ギボウシはツボミを付け始める【2015年7月】

ギボウシ

2015年は空梅雨かもしれません。

梅雨入りしたのは6月27日ですが、7月は雨が少なく空梅雨の状態が続いています。

地元紙によると、降水量は平年の同じ時期と比べ1割に満たない地点が多いとか。

農作物にも影響が出始めているそうです。

関西や近畿では台風11号により大雨の被害がでている一方で、東北地方北部は空梅雨。

予報では昨夜から大雨になるといっていましたが…。

一夜明けてみると、夜の間も激しい雨にはならなかったようです。

空梅雨とは?
ちなみに、どれくらい雨が降らないと「空梅雨」なんでしょう?

気象庁のサイトでは以下のように説明されていました。
↓ ↓ ↓
梅雨期間に雨の日が非常に少なく、降水量も少ない場合をいう。

明確な基準や定義といったものはないんですね。

では、どうして空梅雨になってしまうんでしょうか?

調べてみると、さまざまな要因があることが分かりました。

・偏西風の吹き方により、梅雨前線が北上しない
・梅雨前線の活動が弱い
・太平洋高気圧の発達が著しく梅雨前線を北上させてしまう

農作物のためにも、雨が降ってほしいものですが空梅雨のまま梅雨明けしてしまうのでしょうか。

気温差が激しい1週間
先週は気温の差が大きい週でした。

月曜日はフェーン現象で気温35.7度の猛暑日、そして熱帯夜。

火曜日も30度超えの真夏日。

水曜日は一気に気温が下がって25度以下。

こんな感じで、気温の変化に体が慣れず、ちょっと辛かったですね。

暑い日が続いて庭仕事をサボっていたら、花壇の中が雑草だらけになっていました。

ギボウシのツボミ
ツボミをつけたギボウシ

7月上旬、地植えしたギボウシにツボミがついているのを見つけました。

今年は数が少ないなあと思っていたのですが、この暑さのせいでしょうか?

どの株も、次々とツボミを付け始めています。

はじめてツボミをつけたサンパワー

なかでも、注目株は、サンパワー。

購入してから4年くらいは経つと思うのですが、今まで一度もツボミをつけたことがありません。

ツボミをつけたのは、今年初めて。

どんな花が咲くのか楽しみです。

ハルシオンのツボミ

こちらは、サンパワーと一緒に購入したハルシオンのツボミ。

いい形をしているなぁと、つい、みとれてしまいます。

葉の間からツボミが顔に出し、花茎が少しずつ伸びていくようすを見るのが最近の楽しみになっています。

関連記事
ギボウシの黄色葉の品種と特徴、栽培記録【2015年】
ギボウシ(ホスタ)の種類!代表的な人気品種は?
ギボウシ(ホスタ)の育て方!株分け・植え替え時期と方法は?
ギボウシの花が咲かない!大きくならない!原因と対策は?
ギボウシの冬越し方法!地上部の葉が枯れた後、空いたスペースに何を植える?

タイトルとURLをコピーしました