ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

二十四節気 芒種はいつ?意味や期間は?入梅とは同じ時期?

更新日:

水田

二十四節気のひとつ、芒種をご存知ですか?

そもそも、聞いたことがない、読み方が分からないという人もいるかもしれませんね。

芒種とは、どのような意味があるのか、調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク




芒種とは?芒種の期間

芒種の読み方は「ぼうしゅ」です。

二十四節気の9番目。小満と夏至の間にあります。

小満 ⇒ 芒種 ⇒ 夏至

ところで、二十四節気は太陽の動きを基準に決めるため、毎年同じ日に当たるわけではありません。

1日か2日のずれが生じます。

ですから、毎年、6月5日か6日が芒種になります。

また、二十四節気は期間を表すものとして使われることもあります。

期間は、次の節気の前日までです。

期間としての意味では、6月6日頃から次の節気「夏至」の前日までが「芒種」になります。

「芒種の候」という手紙のあいさつ文も、この期間に使います。

芒種の意味

「こよみ便覧」という昔の暦の解説書には「芒ある穀るい稼種する時なればなり」と記されています。

稲や麦など、芒(のぎ)を持つ穀物の種蒔きに適した時期、という意味です。

実際には現在では、もっと早い時期に種まきが行われますが、昔はこの時期でした。

kome

ところで、この「芒(のぎ)」っていうのは、いったい、どの部分なのでしょうか?

穂先に現れるトゲトゲの事だそうですが、イメージできなかったので調べてみました。

実の外殻にある針のような毛のことだそうですよ。

画像をみて、やっと納得できました。

oomugi

特に芒が目立つのは、オオムギやカラスムギだそうです。

この芒は、ただの飾りというわけではありません。

ちゃんと役割があるようですね。

例えば、カラスムギの芒。

乾湿運動といって、水分を含むと、らせん状にまかれた組織がほどけていって、芒を回転させるのだとか!

芒が回転すると、根もとの種子が地面の上で押されて、地中に埋まるというわけです。

種子の発芽を助けているという役目があったんですね。

植物の意志みたいなものを感じてしまいます。

芒種と入梅は同じ時期?

6月上旬といえば、梅雨入りする頃ですね。

芒種から数えて5日目、立春から数えて135日目の6月11日頃を「入梅」といいます。

二十四節気は、元々中国から伝わったものなので日本の気候や季節を表しきれません。

そこで、日本独自の雑節が設けられています。

雑節には、八十八夜、土用、彼岸などがあり、「入梅」も雑節のひとつです。

天気予報がなかった昔は、入梅が梅雨入りの目安になっていました。

例年、芒種の時期は西日本では梅雨入りし始め、沖縄では小満から芒種までが梅雨の時期にあたります。

そのため、沖縄方言で梅雨のことを「小満芒種(すーまんぼーすー)」というそうですよ。

芒種のまとめ

稲作中心の日本において、とても大切な日だったんですね。

庭仕事では、植物の切り戻し作業をする時期ともいえそうです。

本格的な暑さが来る前に、茂りすぎて蒸れていないかチェックしておきたいですね。

雨が続いて庭仕事ができないときは、アジサイの花の名所を訪れるのもよいかもしれません。

参考サイト:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/)

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.