鉢植え植物に春のさきがけ

アジサイの新芽

2013年3月中旬です。

部屋に取り込んでいる鉢植えの水やりをしました。約2週間ぶり。

久しぶりにじっくりと様子を観察してみたら、アジサイ・レンギョウ・ベニシタンなど新芽が出ているものが結構ありました。

おそらく3月に入ってから出始めたのでしょう。

放置状態だったので気が付きませんでした。

鉢植えのシラン、3月に新芽

シランが芽を出しているのにはビックリ。

庭に地植えしているものが芽を出すのはゴールデンウィークの頃なので1ヶ月以上も早いですね。

晴れた日の午前中は日光が差し込み、そこそこ暖かくなるので一気に目覚めたのかもしれません。

我が家の春の先駆けですね~。

春の先駆けといえば、フキノトウというイメージもありますが。

青森でフキノトウを見かけるのは、まだまだ先のことでしょう。

ちなみに、花で春の先駆けといえば、梅でしょうか。

梅は「春告草(はるつげくさ)」や「梅暦」とも呼ばれるそうです。

ネットでこんな言葉を見つけました。

「梅は春の魁 水戸は天下の魁」

これは、水戸藩藩主 徳川斉昭公の「弘道館に梅香を賞す」という七言絶句の漢詩にある言葉だとか。

出典:http://www.kangin.or.jp/learning/text/japanese/kanshi_A53_1.html

◆2013年3月中旬の天候
ところで、一時は60cmになった積雪量が、ここ数日で増えました。

2月下旬、ようやく雪解けのスピードがアップして、このまま一気に融けてしまうか!と思っていたのですが…。

3月に入ってからの天候は、気温はそれなりに上がってきているのに、雪が降る…積もる…といった日が時々ありました。

湿った重い雪が一晩で10cmという日も。

日中には融けてしまうのですが、朝起きたときに、積もっているのを見ると片付けないわけにはいきません。

湿った雪で折れてしまった庭木の枝もあるかもしれないのも気掛かり。

今日も低気圧の影響とかで、雷はなるわ、濡れ雪は降るわで積雪量も72cmに増えました。

タイトルとURLをコピーしました