ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

簡単なクリスマスリースの作り方(100均グッズや自然素材で手作り)

投稿日:

クリスマスリース

クリスマスの装飾として、すっかり定着したクリスマスリース。玄関の飾りとしてもオシャレですね。

販売されているものを見ると作るのが難しそうなイメージですが、実は100均グッズや自然素材で手作りできます。

この記事では、クリスマスリースの簡単な作り方を紹介します。


クリスマス リース / Norio.NAKAYAMA

スポンサーリンク




手作りクリスマスリースの材料

手芸店やホームセンター、100均ショップなどで購入できます。

特に100均では、クリスマスシーズンが近づくとリースの土台、松ぼっくり、布や毛糸、デコレーションアイテムなど豊富な種類が販売されるので便利ですね。

また、自然の素材を利用するという方法もあります。

近くの森などでつるや木の実を拾って来れば、材料費はそれほどかからず、ほとんど無料で作れるかもしれません。

簡単なクリスマスリースの作り方

1.リースの骨組み・土台を作る
針金、あるいは、アケビ・クズ・フジなど植物のつるを使います。
ダンボールなどに、あらかじめ自分の作りたい大きさの円を描いておいて、それに合わせて作ると作業がしやすいでしょう。

2.木の葉を骨組みに巻きつける
ゴールドクレストや杉、モミなど常緑樹の葉を骨組みに巻きつけ、細い針金や麻ひもなどで上から固定します。

ゴールドクレストは明るい緑色の常緑樹で杉やモミより柔らかくて扱いやすいです。乾燥に弱いので気をつけましょう。

杉の葉はゴールドクレストに比べると葉が硬く濃い緑色をしています。曲げてリースを作るのには少し大変かもしれませんが、乾燥してボサボサになりにくいメリットもあります。

3.飾り付け
葉を巻き終わったら、次にリボンを巻きつけていきます。赤い木の実や松ぼっくりなどで飾り付けます。


クリスマスリース (CoolPix) / iyoupapa

子供と一緒にクリスマスリース作り!材料はマカロニ!

子供が工作でクリスマスリースを作ったというご家庭も多いかもしれませんね。

我が家でも、子供が小さい頃はクリスマスは大イベント!

幼稚園でクリスマスリースを作って家に持ち帰る、なんてこともありました。

クリスマスリースにマカロニが使えるというのを、この時、初めて知ってビックリしたことを覚えています。

作り方は、マカロニにスプレーペイントを使って銀色に塗り、厚紙に接着剤をつけて貼り付けるという簡単なもの。

ですが、出来栄えは、なかなか立派なものでした(親バカです…)。

その後、数年間は、クリスマスシーズンになると取り出して飾っていました。

子供が成人した今となっては楽しい思い出ですね。

クリスマスリースを飾る時期

ちなみに、クリスマスリースはいつからいつまで飾るものなのか?

気になったので調べてみました。

日本で一般的に飾る時期

もともとクリスマスは外国の行事ですから、日本で特に決まりはありません。

一般的には玄関に飾るクリスマスリースなどは「12月に入ってから」という人が多いそうです。

そして、クリスマスの翌日、12月26日には、もう外してしまうケースが多いとか。

次はお正月の飾りを用意しないといけないからというのが理由のようです。

そういえば、スーパーやデパートでも12月26日には、お正月の飾り付けをしていますよね。

宗教的に正式に飾る時期

正式にはクリスマスの4週間前に飾って、聖母お清めの祝日(2月2日)まで飾るのだそうです。

つまり、お正月もクリスマスリースは飾ったままということになります。

ちょっと違和感を感じますが、宗教的な意味もあるので国によって違いがあるのば当然のことでしょう。

日本では季節のイベントとして飾るものなので、飾る期間についてはこだわらず楽しめたらいいですね。

関連記事
本物のクリスマスツリーの正体は?木の種類や名前を紹介
もみの木の育て方|鉢植えを枯らさない手入れ方法とは
ドイツトウヒの育て方|クリスマスツリーで飾った後はどうする?
ウラジロモミの育て方|人気のクリスマスツリーは日本原産!
観葉植物ゴールドクレストの育て方(室内・鉢植えの場合)
鉢植えのコニファーが枯れる!夏越しのポイントと冬の管理

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.