ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

キクづくり・キクの育て方がわかるオススメの本は?

更新日:

kiku470

キクの育て方についての本を探してみたら、レベルが高そうなものばかり。

例えば、3本仕立ての大ギクの仕立て方とか。

でも、菊花展に出品したいわけではありません。

花壇に植えて楽しんだり切り花や仏花に使うために育てたいわけなんですよね。

ところが、意外と見つかりません。

「キク 育て方 本」
「キク 育て方 書籍」
「キク 栽培 本」
「キク 栽培 書籍」
「キクづくり 本」
「キクづくり 書籍」

などの言葉でいろいろと検索してみました。

NHK趣味の園芸「人気品種と育て方 キク」
という本をみつけたと思ったら品切れ…。

発売日を確認すると、2000年11月18日。

ずいぶんと昔に出版されたものなので品切れというは当然でしょう。

家庭でキクの花を楽しむ程度なら、ネットで調べれば十分かなという気がしてきました。

楽天市場「菊の豊幸園」という菊苗専門店のサイトにキクの育て方が書かれているのが役立ちそう。

とはいえ、本なら手元においてパラパラと眺めることもできるので便利です。

いろいろと失敗することも多いので、こういう本があると便利かもしれません。

ところで、一番、人気のあるキクの品種は何でしょう?

ネットであれこれ検索していたら、日本では「大菊」が最も人気なのだそうです。

大菊は、花の直径が20センチもあるそうですから見応えがありますね。

ひとつの花を大きくするために、一枝に対して一輪だけ残して周りのつぼみを取り去ってしまうのだそうです。

3本仕立てのほかに、ダルマづくり、福助づくりなど様々な形があります。

大菊の中でも、厚物と呼ばれる品種が最も人気があるということでした。

日本の古典的なキクは、このような楽しみ方が一般的なのだそうです。

一方、西洋キクの場合は、あまり手を加えずに育てるため、小さな花がたくさん咲くのが特徴。

スプレー菊は、その代表的なものといえますね。

個人的には、あまり手をかけないで育てることがてぎる西洋キクを増やしたいなと思ってしまいます。

キクに関する記事一覧はコチラ

-
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.