ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

菊の花後の手入れ方法は?来年も花を咲かせるための栽培ポイント!

更新日:

kogiku20131023

10月も終わりに近づき、そろそろ菊の花が咲き終わろうとしています。

菊の花が咲き終わる時期になると葉や茎も枯れてきます。

来年も咲かせるためには、この後、何をしたらよいのでしょうか?

今回は菊の花後の処理と地植えしている菊の栽培記録を紹介します。

スポンサーリンク




菊の花後の処理、手入れの仕方

小菊

地植えにしている菊の花が咲き終わり地上部が枯れてきたら株元から3cmくらい残して切り取りましょう。

菊は寒さに強いので、そのまま冬越しをさせます。

鉢植えの場合は風通しが良く霜や雪などを防げる軒下などに置き冬を越させます。

菊の花後、来年用の新芽を管理

菊の花2013

花が咲き終わったあと、茎の周りに新芽がでできます。

これを冬至芽と呼びます。

冬至芽は、そのまま冬越しする方法と株分けする方法があります。

菊を育てるのが初めての人は株分けしないでそのまま越冬させたほうがよいでしょう。

春になってから株分けや植え付けをします。

関連記事
菊の冬至芽の育て方!株分け・植え替え・挿し芽にする方法は?

菊の栽培記録【2013年10月末】

sirokiku20131021

鉢植えの菊は咲き終わりそうですが、地植えの菊は、まだまだ元気。

スプレー菊は開花が例年より遅く秋の彼岸すぎに咲き始めたのですが1ヶ月経っても咲いています。

菊は開花期間が長いので花の少ない時期に重宝しますね。

一方、小菊の開花時期はいつもと同じくらいでした。これから開花です。

一昨年に購入したスプレー菊3種、今年は生育が悪かったです。

※8月上旬の状況はこちらの記事
↓ ↓ ↓
夏菊が大きく育たない!生育不良の原因と対策は?

春に冬至芽を植え付けた後、生長が遅く、なかなか大きくなりませんでした。

黄色の菊は8月終わりころからグングン伸び始め花を咲かせてくれたものの…。

白花を咲かせる品種は草丈が低いままで花がひとつだけ開花。

ピンクの品種にいたっては枯れてしまいました。

菊の摘芯をするタイミングを逃す

実は、花が咲かなくなってしまうのが怖くて摘芯をしたことがありません。

今年こそは!と意気込んでいたのですが。

菊の生長が遅くて適した時期が判断つかず、空振りに終わってしまいました。

※摘芯とは芽の先端を摘むことです。摘芯をする目的はこちらの記事に書いています。
↓ ↓ ↓
菊を摘芯する理由とは?摘芯の意味や適した時期と方法を紹介!

品種は分からないのですが、昔から育てている菊は放っておいても、毎年、晩秋にちゃんと咲いてくれます。

一方、ここ数年の間に購入したスプレー菊や小菊は、年によって、大きく育つ時と上手く育たない時があるのが不思議ですね。

毎年、同じ作業をしているつもりでも何か抜けていることがあるのかもしれません。

それに、天候の影響もあるのかもしれません。

菊の育て方を見直して、摘芯や肥料、薬剤散布などの作業をやり忘れることがないようにしたいものです。

それにしても…

毎年、安定してキレイな花を咲かせることが出来るようになるのは、一体、いつのことでしょうね。

関連記事
菊(キク)の育て方!植え付け時期と方法は?
洋菊の種類と特徴、育て方!翌年も草丈を低くしたままで開花させる方法は?
夏菊・お盆咲き菊の育て方!種類と特徴、摘芯時期と方法は?
スプレーマム(スプレー菊)の特徴と育て方!お盆の仏花用、8月咲スプレーマムの栽培記録
小菊の育て方!鉢植え栽培のポイントは?挿し木(挿し芽)の時期と方法も紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-キク
-, , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.