ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

庭を雑木林風にしたい!人気の雑木の種類とは?

更新日:

zouki

ナチュラルな雑木の庭が人気です。

人気の雑木の種類や雑木の選び方ポイントを紹介します。

スポンサーリンク




雑木とは

雑木とは自然の野山に自生する木材としてはあまり利用されない樹木の総称です。

ヒノキやスギなど建築材料としての利用機会や利用価値の高い針葉樹を中心とした樹木に対して使われる呼びかたのようです。

雑木は、主に広葉樹で、幹が細く、まっすぐでないことが多いため、木材として使いにくいです。

反面、涼しげに風になびく様子は趣があるため、庭に植えられることも多いです。

雑木が庭にあると四季の変化を楽しめる魅力がありますね。

さらに、夏は木陰をつくって涼しく、冬は葉が落ちるので日差しが差し込み暖かさを感じることができるメリットもあります。

雑木は人が歩くスペースにはあまり枝張りをしないので、庭が広くなくても楽しめる庭木といえます。

人気の雑木の種類

エゴノキ

雑木の庭は、いろいろな種類を植えて構成するようにします。

ポイントは、住んでいる地域の気候風土に合った庭木を選ぶことです。

温かい地域に育つ雑木を寒い地域に植えたのではうまく育つことは望めません。

植えたい木が決まっている場合でも自分の地域の気候で育つかを確認してから選ぶようにしましょう。

よく使われる雑木には次のようなものがあります。

アオハダ、アオダモ、ソロ、エゴノキ、オトコヨウゾメ、コハウチワカエデ、シャラノキ、ヤマボウシ、ヤマモミジ

小さな庭におすすめの雑木には次のようなものがあります。

◆落葉中木・低木
アメリカザイフリボク、スモークツリー、シロヤマブキ、バイカウツギ、ヒメシャラ

◆常緑樹
オリーブ、ゲッケイジュ、アブチロン、アルブツス、ウネド、シラカシ、ヒイラギナンテン、フェイジョア、ヤマモモ

庭木・雑木の手入れ頻度は?

雑木の庭って素敵ですね。

家に小さな森があると、とても癒されるのではないでしょうか。

でも、雑木は木を大きくしすぎないよう定期的に剪定をするなど適度な手入れが必要です。

調べてみると、理想は年に2回、最低でも1回は行う必要があるとのことです。

あまりに放置してしまうと、見た目や病害虫、防犯上にもあまりよくないそうです。

我が家の場合、50代半ばという自分の年齢を考えると、これ以上、庭木は増やさないほうがよさそう。

むしろ、管理がしやすいように庭木を減らしたほうがよいだろう…。

ということで、今年の春は雪で枝が折れ、ダメージの大きかった落葉性ツツジの低木を思いきって切りました。

その結果、我が家の庭木は、2mを超すツバキから1mル未満のドウダンツツジまで大小合わせて5本となりました。

プラス生垣です。

庭木の剪定と生垣の刈り込みは、ひとりでやっています。

庭木の本数がこれくらいなら当分の間は自分ひとりで続けられるでしょう。

もっとも、庭木は減らしましたが、一部は挿し木して鉢植えとなって生き続けています。

小さくても、木は木。

花は咲きますし紅葉だってします。

自分にとっては、鉢植えサイズの樹木が合っているのかもしれません。

関連記事
庭木の剪定時期はいつ?庭木の種類別、剪定時期一覧を紹介!
冬囲い・雪囲いの種類と方法!庭木に雪囲いをする理由とは?
庭木の雪囲い・冬囲いの仕方は?縄の結び方を動画と図解で紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-庭木
-, , , ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.