ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

猫にとって特に危険な植物一覧!危険な植物に猫を近づけない予防と対策は?

更新日:

猫と植物

猫が食べたり、かじったりすると中毒をおこす危険がある植物は700種類以上もあることをご存じですか?

今回は、ユリ科の植物など特に毒性が強い植物の種類と安全な観葉植物を紹介します。

スポンサーリンク




猫にとって特に危険なユリ科の植物一覧

ユリは猫に危険な植物

ユリ科の植物の花や葉などには猫が食べると中毒症状を起こす有害な成分が含まれています。

猫が食べてしまうと有害成分が腎臓を障害し腎不全などを発症します。

特に、ユリは花・葉・花粉・花瓶の水すべてが有毒です。

個体差によりますが、ユリの花粉や活けていた花瓶の水を飲むだけでも障害が起こってしまう可能性があることを知っておきましょう。

ユリほど猛毒ではありませんが、チューリップやヒヤシンスもユリ科の植物なので猫にとっては危険な植物です。

ユリ科の主な植物名と毒が含まれる部位

◆ユリ(テッポウユリ、スカシユリ、オニユリ、カノコユリ):全草

◆スズラン:全草

◆チューリップ:花と葉。特に球根。

◆ヒヤシンス:球根

◆コルチカム(イヌサフラン):全草。特に花と球根。

◆タマネギ:鱗茎

猫にとって特に危険な植物(ユリ科以外)

猫と鉢植え

部屋に植物を置く場合は危険性がないかを調べ、置き場所にも注意してください。

調べても分からない場合は、その植物が何という「科」に分類されているかを参考にするとよいでしょう。

「科」には同じ成分が含まれた植物が多くあります。

その成分が猫にとって毒となるので、同じ科に属するものは置かないほうが安全だと思います。

猫を室内だけで飼っている場合、特に注意が必要なのは花や葉を楽しむ鉢植えですよね。

以下、毒が含まれる部位ごとに分けてみました。

花や葉に毒が含まれる植物

室内に飾る機会が多いので特に注意が必要だと思います。

・アジサイ(アジサイ科あるいはユキノシタ科):ツボミ
・ニチニチソウ(キョウチクトウ科):全草
・オダマキ(キンポウゲ科):全草、特に種子
・キンポウゲ(キンポウゲ科):全草
・クリスマスローズ(キンポウゲ科):全草、特に根
・フクジュソウ(キンポウゲ科):全草、特に根
・ツツジ(ツツジ科):花と葉、蜜
・サツキ(ツツジ科):花と葉、蜜
・シャクナゲ(ツツジ科):花と葉、蜜
・アザレア(ツツジ科):花と葉、蜜
・ジャスミン(モクセイ科):全草
・ドラセナ/幸福の木(リュウゼンカツラ科):全草

全草に毒が含まれるが屋外で育てることが多い

猫を室内だけで飼っている場合は、特に気にする必要はないでしょう。
・フジ(マメ科):全草
・ヒガンバナ(ヒガンバナ科):全草

球根・根・種子に毒が含まれる植物

屋外、あるいは室内の猫が手出しをできない場所に保管すれば危険性は低いと思います。

・ビオラ(スミレ科):種子、根茎
・スイセン(ヒガンバナ科):球根
・アマリリス(ヒガンバナ科):球根
・ルピナス(マメ科):全草、特に種子
・キキョウ(キキョウ科):根
・イチイ(イチイ科):種子、葉、樹体

野菜・芋

ベランダでプランター栽培するときは注意が必要です。

・ナス(ナス科):葉、茎
・トマト(ナス科):葉、茎
・ジャガイモ(ナス科):芽、緑色のイモ

果物

・アンズ(バラ科):未成熟の果実、種子の中身
・ウメ(バラ科):未成熟の果実、種子の中身
・スモモ(バラ科):未成熟の果実、種子の中身
・モモ(バラ科):未成熟の果実、種子の中身
・リンゴ(バラ科):未成熟の果実、種子の中身
・アボガド(クスノキ科):未熟果実、種子の中身

危険な植物に猫を近づけない!予防と対策

猫と鉢植え

予防と対策は、猫に危険な植物の鉢植えや切り花を家の中に入れない・飾らないことに尽きます。

ただ、仏壇にはいつも生花をお供えしているというご家庭もあるかと思います。

仏壇を置いている部屋は和室が多いですが成猫になるとフスマを開けることができる子もいます。

ユリなど有毒な花が飾られている場合は注意が必要です。

できれば仏花は危険性がないものを選んで飾りましょう。

ユリの花はもちろん、チューリップやヒヤシンスもユリ科の花です。

ユリ科の植物の中には害がないものもあるようですが全て入れないほうが安心・安全です。

また、寒い季節に花をつけるクリスマスローズは冬場の人気植物ですが猫には危険です。

鉢植えを室内で管理するときは猫が入らない場所に置きましょう。

どうしてもインテリアグリーンが欲しい場合は人工の観葉植物を置くという手もあります。

【まとめ】
・基本的に室内に植物を入れない
・絶対に入らない場所があれば、そこにだけ置く
・人工観葉植物を置く

猫と観葉植物、安全なものと危険なもの

猫とオリヅルラン

猫に安全無害な観葉植物

一般に安全といわれる観葉植物は次のようなものがあります。

・オリヅルラン
・パキラ
・サンセベリア(トラノオ)
・テーブルヤシ
・シュロチク
・エバーフレッシュ

ただし、個体差もあります。

無害といわれる植物でも、おなかを壊したり中毒症状を起こす危険は考えられます。

葉や茎を食べてしまわないか様子を見てください。

葉が細長いものはオモチャにしてかじられることもあります。

場合によっては手の届かない高い場所に置くなどの措置も必要かもしれません。

猫に危険な観葉植物

死に至るほど危険性が高くはありませんが毒性がある観葉植物には次のようなものがあります。

・ポトス:茎と葉に毒性があります。
・アロエ:樹液に含まれるバーバロインという成分が下痢を引き起こします。
・カラジウム
・ベンジャミン

さいごに:猫を飼ったら室内に植物は飾れない?

猫と猫草

今回は、猫にとって特に危険な植物と危険な植物に猫を近づけない予防と対策について調べたことをまとめました。

我が家の飼い猫、葉っぱをかじったり、鉢植えの土を掘ったりするので困っています。

なにか良い対策はないかと調べていたら、猫に危険な植物が意外にたくさんあることを知って驚いてしまいました。

玄関にはジンチョウゲの鉢植え、庭には、アジサイ、ツツジ、スイセン、チューリップ、キキョウなどを植えています。

ガーデニングで使われる植物も猫にとっては危険がいっぱいなんですね。

家庭菜園の野菜やハーブも気をつける必要がありそうです。

ただ、猫は室内飼いなので家の中に植物を置かなければ問題はありません。

部屋に緑がないのはさびしいですが、家族の一員である猫のため、ガーデニングは庭だけということになりそうです。

ネットで調べてみると、猫を飼っている場合で観葉植物や花を部屋に飾るかどうかはケースバイケース。

鉢植えはもちろん、花瓶に入れた切り花まで、植物を一切室内に置かないという方もいます。

一度、別の部屋に移動させて、しばらくしてから戻したら、かじらなくなったので置いているという方もいます。

観葉植物をかじるので猫草を置くようにしたら、観葉植物のほうは、かじらなくなったということもあるようです。

どれくらいの量を食べたら危険?

猫と植物といっても、個体差もあれば、飼い主さんの生活環境もあり、本当にいろいろなパターンが考えられますね。

その時の体調によっても大きく変わるといわれているそうです。

中毒性がある植物でも、かじったくらいなら平気な猫もいます。

しかし、今は異常がなくても今後も大丈夫とは言えません。

猫って、ちょっとした好奇心や遊びのつもりで花や葉をかじることがあります。

一度、興味を持つと、少しくらいのことではめげず、何度も同じことに挑戦します。

また、胃の不快感を解消するために植物を食べることもあります。

この場合は猫草を与えることで解消されるかもしれませんね。

ただ、植物を食べるのが習慣になってしまうと有毒の植物を食べてしまう危険性は高くなってしまうかも。

【追記】

この記事を書いたのは、猫を飼い始めた翌年、2012年4月です。

飼い始めた当初は、毒性のことなど頭になくて玄関に毒性のあるヒヤシンスの鉢植えを飾ったりしています。

植物へのダメージが心配で置き場所を変えましたが…。

今、思えば冷や汗が出る思いですね。中毒にならなくて本当に良かった。

室内飼いの場合、飼い主が注意すれば中毒を起こす可能性はほとんどないと思います。

危険な植物に対する知識を持っておくことは大切ですね。

あれから数年が経ち、我が家では仏壇以外に花を飾ることはなくなりました。

関連記事
猫から鉢植え植物を守る対策は?観葉植物の被害を防ぐ方法
猫避けに効果があるハーブとは?植物を使った猫よけ対策
猫よけ対策は猫の習性を利用して効果的に!
100均の猫よけマットは効果ある?野良猫対策グッズを試した結果は?
ルー(ヘンルーダ)の育て方と防虫・ネコよけ効果

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ガーデニングの悩み
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.