【初心者向け】盆栽の育て方!日常の手入れや剪定のポイントは?

盆栽

盆栽と聞いただけで、なんだか難しそうと思っていませんか?

盆栽が初めての人向けに日常の手入れ方法や剪定など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

初心者におすすめの盆栽は?

盆栽

盆栽をはじめるときは、定番の人気商品の中から選ぶと失敗が少なくてすみます。

初心者におすすめの育てやすい樹木は梅、ベニシタン、五葉松、黒松、モミジ、真柏(シンパク)などです。

【必要な道具】

盆栽ばさみ
切れ味が良いものを選ぶことが大切。

切れないハサミを使うと剪定する時に枝を傷つけてしまう可能性が高いです。

へら付きピンセット
盆栽に生えた雑草を取り除いたり、土をならす時に使います。

やっとこ
針金を巻き付けるときに使います。ペンチでも代用できます。

針金&針金切りと竹箸
 針金かけで使います。

じょうろ

盆栽の育て方・日常の手入れ

盆栽

基本的な育て方は普通の鉢植え植物の育て方と変わりません。

【水やり】

表面の土が乾いたら鉢底から水が流れ出すまで、たっぷりと与えます。

夏は1日1~2回。秋・春は1~2日に1回。冬は2~3日に1回が目安です。

ただし、盆栽は鉢植えより小さい鉢で育てるので夏場の水切れには気をつけましょう。

【置き場所】

風通しがよく、1日2~3時間は日の当たる場所に置きます。

ただし、夏は日差しが強いので日よけがある場所へ。

冬は寒いので室内や軒下へ移動させましょう。

【肥料】

土の上に置くだけです。
適期は、4月~6月頃と9月~10月頃。

【植え替え】

盆栽の種類にもよりますが一般に適期は3~4月。

植え替えの頻度は2~3年に1度が目安です。

盆栽の剪定時期と方法

盆栽

樹木の種類や、樹齢、季節によって剪定の時期も仕方も異なります。

松柏類の場合は、芽摘み・葉刈り・芽切りという作業を行います。

落葉樹の盆栽は、葉が落ちた冬の休眠期に剪定を行った方が良いです。

花や実をつける盆栽は、花芽がつくように剪定を行うことがポイントです。

間違って花芽を切ってしまったり花芽や実を落とさないように剪定をする際は注意しましょう。

一般に、剪定の手順としては「忌み枝」と呼ばれる樹形を乱す枝を切るところから始めます。

基本的に元から切ります。

枝を減らしたくない場合は切り詰めるか針金をかけて枝の向きを修正しましょう。

忌み枝の整理ができたら、次は「勢い良く伸びる強い枝」と「作りたい樹形を乱す枝」を見極めて剪定していきます。

さいごに

盆栽

かつては、年配の男性の趣味というイメージが強かった盆栽。

今では海外でも大人気。外国人の愛好者も多いそうです。

英語で盆栽をなんというのかは知りませんが「BONSAI」で通じることもあるとか。

盆栽が盛んな地域といえば埼玉県さいたま市が有名ですが、この地域では小学校で盆栽の授業が行われるそうですね。

以前、テレビでみたことがあります。

盆栽をむずかしいものと考えないで、まずは一鉢育ててみるのがよいかもしれませんね。

関連記事
可愛いミニ盆栽!人気の種類や初心者向けの商品は?
盆栽鉢の種類と選び方!鉢合わせとはどんな意味?
マン盆栽の作り方は?フィギュアを使ったジオラマが面白い!
盆栽と鉢植えの違いは?

タイトルとURLをコピーしました