盆栽と鉢植えの違いは?盆栽のサイズによる分類も調べてみました

盆栽

盆栽と鉢植えの違いをご存知ですか?

どちらも鉢に植物を植えて楽しむことに変わりはないように感じられますよね。

盆栽と鉢植えを比較して分かったことをまとめてみました。

スポンサーリンク

盆栽と鉢植えの違い

盆栽

【鉢植え】
花や葉、実などの植物自体の美しさを観賞します。

【盆栽】
自然界に生きる木の姿を鉢(盆)の中で再現し自然の風景を連想させるような木の姿(栽)を創り出して、その美しさを観賞します。

盆栽は自然の風景を切り取って表現するものです。

鉢植えとの違いは、自然の風景を連想できる姿を持っているかどうかということがいえるようです。

盆栽のサイズによる分類

盆栽

ミニ盆栽や小品などの言葉を聞いたことはありませんか?

盆栽は、大きさによって分類することができるのだそうです。

具体的には以下のように分けられています。

まめ盆栽:ミニ盆栽よりもさらに小さいもの
ミニ盆栽:約10センチ
小品盆栽:15~20センチ
貴風盆栽:20~35センチ
中品盆栽:35~60センチ
大品盆栽:60~120センチ

※あくまで目安で樹形やボリュームによって分類は変化します。

「ボン(盆)」は、皿や薄い入れ物を表す
「サイ(栽)」は、植物を表す

つまり、盆栽は「容器に植えられている木」という意味になるそうです。

さいごに

浅い鉢を使用すれば、盆栽になるのかな?などと考えていた管理人です…。

例えば、我が家にある鉢植えの梅の木は、花を楽しむことがメインで、枝ぶりを観賞するといったことはありません。

つまり、鉢植えですね。

一般に、盆栽に使われる植物は、松・梅・桜・さつき・もみじがメインのようですが、他にも、たくさんあるようです。

調べてみると「バラの盆栽仕立て」というのもありました。

バラの盆栽

同じ植物でも、作り方(仕立て方?)で鉢植えにもなるし、盆栽にもなるということなのでしょう。

「盆栽仕立て」「寄せ植え風の盆栽」なんて言い方もありますよね。

盆栽に関しては全くの素人、初心者なので、始めるとしたら手頃なミニ盆栽がいいなと考えています。

ミニ盆栽は、ホームセンターや盆栽専門店、ネット通販で購入できます。

なにより、値段が1,000円位なので気軽に始められるのが魅力ですね。

鉢植えとの違いを知るには、盆栽の見方を知ることも大切だと思います。

見どころが分かれば盆栽はより楽しいものになることは間違いありません。

関連記事
初心者でもできる盆栽の育て方!日常の手入れや剪定のポイントは?
可愛いミニ盆栽!人気の種類や初心者向けの商品は?
盆栽鉢の種類と選び方!鉢合わせとはどんな意味?
マン盆栽の作り方は?フィギュアを使ったジオラマが面白い!

タイトルとURLをコピーしました