グリーンカーテンにおすすめの植物は?簡単な作り方も紹介!

グリーンカーテン

グリーンカーテン(緑のカーテン)はツル性の植物を日のあたる窓の外に這わせて作る自然のカーテンです。

部屋の中から見える葉や緑に包まれた外観は見た目にも涼しげですね。

今回はグリーンカーテンにおすすめの植物と簡単な作り方を紹介します。

スポンサーリンク

グリーンカーテンにおすすめの植物

グリーンカーテン

基本的にツル性の植物が「緑のカーテン」に向いています。

植物によっていろんな特性があります。

自分の好みや栽培場所に合わせて育てる植物を選びましょう。

朝顔やゴーヤは病気や害虫の被害もほとんどなく、栽培が簡単なので初心者にもオススメです。

夏場に葉が生い茂った状態になるように時期を逆算して植え付けましょう。

【ゴーヤ】

グリーンカーテン(ゴーヤ)

グリーンカーテンの代表格です。肥料や農薬もほとんど必要ありません。

水と暑さがあればぐんぐん成長し、大きな葉が密に茂ります。

ゴーヤーの育て方!摘芯時期と方法は?

【朝顔】

西洋アサガオ

伝統的な日本アサガオ、西洋アサガオのヘブンリーブルーなど数多くの品種があります。

特に、オーシャンブルー(琉球朝顔)は旺盛な生命力を持つことからグリーンカーテンに最適といわれています。

他の朝顔と比較して葉が大きく密に繁りツルの伸びが早いことが特徴。

冬越しする宿根アサガオです。

オーシャンブルー(琉球朝顔)は緑のカーテンにオススメ!育て方のポイントは?

グリーンカーテン

その他、グリーンカーテンにおすすめの植物にはヨルガオ・ルコウソウ・フウセンカズラ・ヘチマ・ヒョウタンなどがあります。

ヒョウタンやキュウリなど葉に白い粉を吹きつけたような「うどんこ病」が発生する植物は薬剤散布が必要です。

関連記事
フウセンカズラの育て方!種まき時期と方法は?
ヘチマ(糸瓜)の育て方!グリーンカーテンの摘芯時期と方法は?

グリーンカーテンの簡単な作り方

グリーンカーテン用ゴーヤの苗

グリーンカーテンは地植えでもプランターでも作ることができます。

種から育ててもよいですがオススメは苗から育てる方法。

あっという間に成長するので簡単に作ることができますよ。

準備するものは、植え付ける植物の苗の他、プランターやツルを這わせるためのネット・支柱・銅線などです。

簡単にグリーンカーテンが始められる栽培キットを購入すれば買い揃える手間が省けて便利です。

グリーンカーテンの効果・涼しく感じられる理由

グリーンカーテン

ツル性の植物を家の窓際でカーテンのように育ててみましょう。

日光を遮ったり和らげることで、室温の上昇を抑えたり、植物の間を通り抜ける風が冷やされることで、家の中を快適にすることができます。

緑のカーテンを育てることで、エアコンの使用を抑えることができるので、節電・省エネ効果も期待できます。

花や実を楽しむことも出来るので、一石二鳥です。

◆普通の日陰より木陰のほうが涼しく感じられる理由
・直射日光を遮ることで建物や室内の温度上昇が抑えられます。

・植物は根から吸った水を葉から水蒸気として出します。そのときに周りの熱を奪うので植物の周辺温度が下げられます。これを蒸散作用といいます。

さいごに

グリーンカーテン

今回は、グリーンカーテンにおすすめの植物と簡単な作り方について調べたことをまとめました。

見た目が涼しく花や実が楽しめるなどグリーンカーテンは、いいことがたくさんありますね。

手入れが簡単、丈夫で育てやすい植物を選ぶのがポイントです。

※マンデビラはツル性の熱帯植物。長期間、花を楽しむことができます。
 ↓ ↓
マンデビラの特徴と育て方

タイトルとURLをコピーしました