ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

パキラの植え替え時期はいつ?失敗しない方法は?

更新日:

観葉植物パキラ

パキラの鉢植えを放置状態で育てて3年間経ちます。

そろそろ植え替えをしたほうがいいのかな?と思って準備することにしました。

今回は、パキラの植え替えに適した時期や方法について調べたことを紹介します。

スポンサーリンク




パキラの植え替え時期はいつ?

鉢の底から根が出ていたり(根詰まり状態)、
3年以上のあいだ植え替えてをしていない株は
植え替えをした方がよいです。

適期は5~6月です。

パキラは乾燥に強い反面、湿気を嫌います。

夏の蒸し暑い時期は避けたほうがよいでしょう。

また、秋以降に植え替えするのも避けたほうが
よいといわれています。

秋に植え替えすると寒さに耐える体力が戻る前に
冬が来てしまうというのが、その理由です。

植え替えしたら、パキラが弱ってしまったというのでは
困りますよね。

植え替えは次の適期に行いましょう。

用土は、赤玉土(小粒)6:腐葉土4くらいの割合の土がよいです。

しかし、市販の観葉植物の土を使ったほうが簡単です。

使用する鉢は、株が大きくなっていたら一回り大きなものに植え替えます。

同じ鉢に植え替える時は、下の方の古い土を落とすくらいでも構いません。

パキラの植え替え!失敗しない方法は?

まず、鉢から取り出します。

鉢から出した根の部分は、「根鉢」という根と土が
ひとかたまりの状態になっています。

次に、根鉢をほぐすようにして、表面の土と下の部分の土を
取り除いていきます。

全ての土を取ってしまう必要はありません。
全体の3分の1ほどの土を落とせば十分です。

根がかなり伸びているようなら下の方を少し切ります。

鉢に植え付けたあと、鉢とバランスがとれないようだったら、
伸びすぎた枝をも剪定してあげるとよいですね。

植え替えが終わったら、水をたっぷりと与えましょう。

植え替え直後のパキラは根が弱っています。
しばらくの間は室内の風の当たらない明るい日陰に置きましょう。

目安は、レースのカーテン越しくらいの明るさです。

1~2週間経ったら元の場所に戻します。

初めてパキラの植え替え

我が家のパキラは、よくある三つ編みになっているタイプです。

炭植えで穴の開いていない透明のプラスチックの鉢に植えられています。

鉢についているラベルによると、

水やりは「表面の炭が乾いたら(白っぽくなったら)
容器の1/4(底から指1本分)をあげてください」
と書かれていました。

でも、水の量がとても分かりづらいのが悩みのタネ。
毎回、水やりをするときは、大体これ位?とカンに
たよって与えています。

ところで、3月になって次々と葉が茶色くなって
落ちてしまいました。

今、かろうじて3枚ついている状態です。

実は、去年の春も、同じように葉が枯れ落ちています。
その時は、水やりして様子を見ていたら春になって新しい葉が出てきました。

そんな訳で、今年もおそらく枯れることはないだろうと思っています。

ただ、枯れてしまわないのをいいことに、1度も植え替えをしていません。

購入してから3年以上は経っています。そろそろ植え替えをしたほうがよいのでしょう。

水の与えすぎて根腐れを起こすと困るので、
底に穴が開いている普通の鉢を使う予定でいます。

関連記事
観葉植物パキラの育て方!剪定時期と方法は?
パキラの葉が茶色になって枯れる!原因と対処法は?
パキラの冬の管理!冬越しするときの注意ポイントは?
パキラが冬に枯れる意外な原因とは?復活できるか確認する方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-観葉植物
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.