ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

パクチー(コリアンダー)の育て方!種まきの仕方や発芽率を上げる方法は?

更新日:

コリアンダー(パクチー)の芽

タイ料理に代表されるパクチーは
スーパーで買うと、けっこう値段が高いですよね。

自宅で育てることができれば、好きなだけ食べれますよ。

今回は、パクチーの種まきの方法など育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




パクチーとは

セリ科の一年草で、地中海沿岸や西アジアが原産地です。

ヨーロッパでは主として種子をスパイスとして利用し、
東南アジアや中国では生の葉をハーブとして食べます。

タイではトムヤムクンなどに、
ベトナムでは生春巻きなどにと
世界各国で料理に利用されています。

若葉は独特の風味があり、
人によって好き嫌いが激しいと
いわれるハーブです。

果実は香辛料として使われ、カレー粉の主成分のひとつです。

消化不良の改善や食欲増進の効果があります。

カルシウム・鉄・カロテン・ビタミンB2・ビタミンCが
含まれているので健康維持にも有効です。

ちなみに
コリアンダー・パクチー・シャンツァイ(香菜)は
同じ植物です。

コリアンダーは、英語
パクチーは、タイ語
シャンツァイ(香菜)は、中国語になります。

植物としては全く同じものですが、
日本では、香辛料となっているものはコリアンダー
生の葉野菜やタイ料理の食材として使う時には
パクチーと呼ぶことが多いそうです。

和名は「コエンドロ」といいますが、
ほとんど使われていないようです。

パクチーの育て方

収穫したコリアンダー(パクチー)

移植を嫌うので、種から育てるのがおすすめです。

種まきの適期は、春(3~6月)と秋(9~10月)です。

【種まきのポイント】
種(コリアンダーシード)は、大粒で固く、
薄い皮を剥くと丸い種子の中に2つの種が合わさっています。

なので、そのまま蒔くと、
2つに割れ、芽が2つでてきます。

間引きするのも大変なので、
最初から種を分けるのがオススメです。

種は、指先でひねるようにして押すと、
ふたつに割れます(固いので強く)。

あるいは、軽く板ずりしてもよいでしょう。
簡単に割れますよ。

それを一晩、水につけておくと発芽しやすくなります。

プランターや花壇に直まきします。

3粒ぐらいずつ点まきして、薄く土をかけておきます。
すじ蒔きでもかまいません。

間引きながら育て、株間15cm程度になるようにします。

苗から育てる場合は小さいものを選び、
根を傷めないように植えつけます。

日当たりで育てますが、
葉だけを利用する場合は半日陰でも大丈夫です。

水やりは、土が乾いたら、たっぷりと与えます。

肥料は、3~4月と9~10月に
窒素分の少ない緩効性肥料を
2ヶ月に1回与えます。

葉を利用する場合は、随時カットして使います。

種子はやや褐色に変わったら茎ごと収穫して乾燥保存します。

8月9日は「パクチーの日」

「パ(8)ク(9)」の語呂合せだとか。
日本パクチー協会が制定したそうですよ。

ところで、パクチーは癖の強い香りが苦手
という人が多い野菜ではないでしょうか。

しかし、一度、好きになると、食べずにはいられない、
ということもあるようです。

トムヤムクンや生春巻きやフォーには
なくてはならない絶対不可欠な重要な野菜ですよね。

自宅の庭やプランターで栽培して、
好きな時に新鮮なパクチーを味わう生活を
始めてみませんか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ハーブ
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.