ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

ペチュニアの育て方!鉢植えの管理方法、ポイントは?

更新日:

ペチュニア

アサガオに似た花を咲かせるペチュニアは夏花壇の定番植物のひとつ。

株一面にこんもりと花が咲く様子は夏を華やかに飾るのにぴったりですね。

この記事では、ペチュニアを鉢植えにして育てるときの
管理方法のポイントについて紹介します。

スポンサーリンク




ペチュニアの特徴

南アメリカ原産、ナス科の植物です。

半耐寒性多年草ですが、比較的寒さに弱いので
基本的に1年草扱いする場合が多いです。

別名、ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)とも呼ばれます。

花色がとても豊富で、花の形は一重咲き、八重咲き、絞り咲きなどがあります。

春から秋までと開花期間が長く、ほふく性や立ち性など、
飾る用途に応じて品種を選ぶことができます。

夏の花壇やプランター植え、寄せ植え、ハンギングなどに利用されます。

ペチュニアの育て方

ペチュニア

鉢植えは、日当たりと風通しのよい場所で管理します。

種まきからでも育てられます。
ただし、種はケシ粒よりも小さく、発芽適温は20~25℃と高い
など、発芽させるには初心者には難易度が高いと思います。

ペチュニアは、4~5月頃にホームセンターなどで
販売される苗を購入して育てるのが一般的です。

苗の植え付けは4~6月頃に行います。

株と株の間はもう1株植えられるぐらいの
間隔で植え付けます。

用土は、市販の草花用培養土を使います。

植え付ける時に元肥として緩効性肥料を
培養土に混ぜておきます。

肥料は1~2週間に1回、薄めの液肥を与えます。

水やりは、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。

花の表面に水がかからないように、株元に水やりするようにしましょう。

乾燥には強いのですが、過湿には弱いです。

置き場所は、ベランダや玄関先など雨があたらない
場所を選ぶとよいでしょう。

ペチュニアの管理ポイント

【花がら摘み】
咲き終った花がらは、順次摘み取ると次から次へと開花します。

花がらをそのままにしておくと病気が発生することがあります。
病気予防の意味からも、花後はこまめに花茎から摘み取りましょう。

面倒なときは切り戻しを兼ねて、花がらが目立つ枝ごと
切り取るという手もあります。

【摘心】
植えつけ2週間後に行います。
先端の芽を切ることで、側枝が伸びて花数が多くなります。

【切り戻し】
梅雨に入る前に、株全体を10センチくらい切り戻しを行ないます。
秋には再び花が咲きます。

株姿が乱れたときや花後に切り戻しを行うと、美しい株姿を保てます。

ペチュニアの増やし方

挿し芽で増やせます。適期は6~7月。

勢いのよい枝先を10センチのところで切ります。

コップ等で30分程度水あげ後、赤玉土小粒か
バーミキューライトに挿します。

さいごに

春から秋にかけて、家庭の庭や公園など様々な場所に
植えられているのを見かける定番の植物ですね。

丈夫で育てやすいので、初心者にもピッタリ。

花がら摘み、切り戻し、肥料、この3つのポイントを
抑えれば、秋までたくさんの花が楽しめますよ。

関連記事
ペチュニアにはどんな種類がある?お勧めの品種を紹介!
ペチュニアの切り戻し時期と方法は?
サフィニアの育て方!切り戻し時期と方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-1年草
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.