破傷風の症状とは?原因と治療は?土いじりする時は要注意!

予防接種

破傷風とはどんな症状が起きるかご存知ですか?

原因と治療方法、ガーデニングや家庭菜園など土いじりをする時に注意が必要な理由を紹介します。

破傷風とはどんな症状?原因は?

ガーデニングや家庭菜園を楽しむ人が注意すべき感染症に破傷風があります。

原因となる破傷風菌は土の中にいる嫌気性細菌で全国どこにでも存在します。

熱や乾燥、消毒薬にも強く、日常生活で破傷風菌との接触を完全に防ぐことは不可能とされています。

破傷風は、
・傷のある手で土をいじる
・スポーツで擦り傷を負う
・古くぎを踏む

などにより破傷風菌が傷口などから体内に入ることで発症します。

潜伏期間は通常3日~3週間で菌の毒素によって神経の抑制系が侵されて発症します。

初期症状は、口が開けにくい、首筋が突っ張る、飲食物を飲み込みにくいなどです。

やがて全身けいれん、後ろ向きに反る後弓反張などが起こり、呼吸困難を伴って生命にかかわるようになります。

現在でも致死率が約10%に上る怖い病気です。

子供だけが感染するというわけではありません。成人でもかかります。

実際、破傷風に感染してしまうのは予防接種を受けている若年層では少ないのだとか。

予防接種による免疫が消失した中年以降の人が多いといわれています。

発症率が最も高いのは、免疫力の低下した60歳以上の高齢者だそうです。

通常は、水道水などで傷口をしっかり洗って消毒すれば、そのうち出血した部位も再生されて感染することはありません。

しかし、体力が低下している時やストレスがたまっている時などは抵抗力が弱っていて白血球の働きが鈍くなっています。

なので、体内に侵入してくる細菌を完全に退治できず破傷風になってしまうことがあります。

破傷風の治療方法

子供の頃、三種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風)や二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)の予防接種を
したから大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ワクチンの効果が持続するのは10年くらいの間しかありません。

20歳を過ぎると免疫力が急激に低下します。

破傷風は予防接種が最も有効な予防方法です。

前回の接種後10年を過ぎた人は、追加接種を受けることが勧められています。

ワクチンは普通のクリニックで接種できるので問い合わせてみるとよいでしょう。

破傷風まとめ

「土いじりで破傷風」という記事が新聞に載っていました。

ガーデニングや家庭菜園で土いじりをする人は知っておいたほうがいい知識ですね。

ガーデニングが趣味の人だけでなく、土木作業や建築現場で働く人、農業、アウトドア志向の人は、特に予防を心掛けることが大切だそうです。

私は、草取りや植え替えなどガーデニング作業をするときは、たいてい手袋をしています。

素手で土を触る感触も嫌いではありませんが、爪に土が入るとなかなか取れなくて苦労するもので。

今まで破傷風について考えたこともありませんでした。

しかし、手袋をして作業することは破傷風対策としても大切ということを改めて認識した次第です。

予防接種もしておいたほうがよいかもしれませんね。

関連記事
草取りに適した時期はいつ?効率的に雑草対策をする方法!

タイトルとURLをコピーしました