「ベス・チャトー 荒れ地で育(はぐく)む奇跡の庭」を見逃す

砂利の庭

「ベス・チャトー 荒れ地で育(はぐく)む奇跡の庭」を新聞のテレビ欄で見つけたのに、1時間勘違いして最後の30分しか見られませんでした。

再放送してくれないかなぁと、調べていたら、これが再放送の番組だったのですね(T_T)。

もともとは、2008年11月27日 NHKハイビジョン20:00~21:49

で、私が見つけたのは、2009年1月3日 NHK総合8:30~午前10:00

普段、この時間帯の番組はチェックしていなかったので、気が付かなければ、それまでだったのですが。

なまじっか、最後の30分を見てしまったばっかりに悔いが残ります。

最初から見られなかったのがとても残念。

イングリッシュ・ガーデンの本家として世界の園芸を牽引するイギリスの東南部エセックス州に「世界一のプランツ・ウーマン」と呼ばれるカリスマ・ガーデナーがいる。

ベス・チャトーさん、85歳。

庭作りを始めて半世紀。

その間、イギリス最高の園芸家の祭典「チェルシー・フラワーショー」で10年続いて金メダルを受賞。

英国王立園芸協会最高栄誉賞受賞と最高の評価を得てきた。

彼女の庭造りの特徴は、雨が少なく海風が強い乾いた土地で、水遣りを一切しなくても、1年中ダイナミックな美しさを保つ「奇跡の庭」を作り出してきたこと。

その秘密は自然環境に徹底して寄り添い、生物本来の力を引き出すことだ。

それは9年前に亡くなった夫アンドリューさんとともに育んで来た園芸の理論、そしてベスさんの人生の理念でもある。

番組では、ベス・チャトーさんの庭の四季を追う。

そして、世界一といわれる庭作りの技術とそれを育んで来たベスさんの人生を見つめていく。

引用:NHKのサイトより

水やりを一切しなくてもいい、というところに惹かれましたね。

もちろん、イギリスの美しい庭も素敵でした。

ベス・チャトーさんの本を探してみたのですが、洋書しかありません。

日本語に翻訳されたものがあれば是非読んでみたかったのですが。

なにはともあれ、

アメリカのターシャ・テューダーさん、
イギリスのベス・チャトーさん、

庭作りにかける素敵な女性の存在を知ることができたのは嬉しかったです。

関連記事
ターシャテューダーさんの庭について

タイトルとURLをコピーしました