多肉植物エケベリアの特徴と育て方!植え替え時期と方法は?

エケベリア

エケベリアは花を咲かせたり紅葉したり多肉植物の中でも人気のある種類です。

この記事ではエケベリアの特徴と育て方ポイントについて調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

多肉植物エケベリアの特徴

エケベリア

エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属に分類される多肉植物の総称です。

原産地:中央アメリカ、メキシコ
生育期:春秋型

気温10~25℃でよく育つタイプで夏と冬は休眠・生育停止します。

葉は肉厚でロゼット状に広がりバラの花のような形が特徴。

秋の終わりから春にかけて紅葉し、春から夏にかけては小さく可愛い花を咲かせます。

丈夫で育てやすいので初心者にもおすすめです。

エケベリアの育て方

エケベリア

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

ただし、蒸れが苦手なので夏場は直射日光が当たらない風通しの良い場所で管理します。

霜の降りる前までは戸外で育てられます。

冬場は室内に取り込み日当たりの良い場所で管理します。

成長するにつれて下葉は次々と枯れていきます。

枯れた葉をそのままにしておくとカビが生えてくることがあります。

こまめに枯れ葉を取り除いて清潔に保つようにしましょう。

水やり

春と秋の成長期には土が乾いたらたっぷりと与えます。

乾く前に水を与えすぎると根腐れを起こしやすくなるので気をつけましょう。

勢いよく水をかけると葉が取れてしまうこともあります。

また、葉の間に水が溜まると腐りやすくなります。

水が葉にかからないように株元に与えるのがポイントです。

夏と冬は乾かし気味にします。

肥料

基本的に肥料は必要ありません。

肥料を与えると株は大きくなりますが紅葉の色づきが鈍かったり夏の暑さに弱くなることがあります。

与える場合は、年に数回、液肥を与える程度にします。

害虫

カイガラムシ、アブラムシなどの害虫の被害にあう場合があります。

見つけ次第、薬剤を散布して駆除しましょう。

エケベリアの植え替え時期と方法

エケベリア

植え替えの適期は春と秋。目安は2~3年に1回。

植え替えは鉢の中の土を完全に乾かすのがポイントです。

1週間ほど水やりを控えてから行いましょう。

まず、根が傷つかないように丁寧に鉢から取り出します。

古い土を落とし、傷んだ根があったら切りましょう。

その後、新しい土で植え替えます。

根を張るタイプなのでひと回り上のサイズの鉢を選ぶとよいでしょう。

植え替えてすぐの水やりは控え、1週間程度経ってから水やりをします。

エケベリアの室内栽培は徒長に注意

エケベリア

室内で育てていると日光不足でヒョロヒョロともやしのように伸びてしまうことがあります。

この状態を徒長といいます。

本来、太く育つはずの茎が細長く伸びている場合、原因は日光不足。

ずっと室内に置きっぱなしでは風通しも悪く害虫が発生しやすくなります。

できれば、2日おきに外の風と日光に当ててあげるようにしてください。

細く伸びた茎が太くなることはないので下のほうを残してカットしてください。

さいごに

エケベリア七福神

七福神の花

今回は100均でもお馴染みのエケベリアの特徴と育て方ポイントを紹介しました。

管理が楽なので多肉初心者にもおすすめです。

花と紅葉というように1年を通して楽しめるのが魅力のエケベリア。

機会があれば一度は育ててみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました