ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

エケベリアの育て方!室内で栽培するコツは?

更新日:

多肉植物 エケベリア

多肉植物エケベリアの育て方、
初心者向けに室内で栽培するコツを紹介します。

スポンサーリンク




エケベリアの特徴

多肉植物のエケベリア属は丈夫で育てやすいので
初心者にも人気がある多肉植物です。

エケベリア・セクンダ→七福神
エケベリア・アッフィニス→古紫
エケベリア・エレガンス→月影

などの優雅な園芸名もついています。

たくさんの種類がありますが、いずれも分厚い多肉葉が
放射状についたロゼット型の株で、1cmくらいの
小さな花を咲かせます。

オレンジ・ピンク・黄色・白など花色は多彩です。

生育期は春~秋で、休眠期はありません。

エケベリアの基本的な育て方

日当たりと風通しの良い場所で育てます。
ベランダや軒下がおススメです。

ただし、真夏は直射日光を避けたほうが
よい品種もあるので注意が必要です。

霜の降りる前までは戸外で育てられます。

冬場は室内に取り込み日当たりのよい所に置きましょう。

水やりは、用土の上半分が乾いたらたっぷりと与えます。

乾く前に水を与えすぎると根腐れを
起こしやすくなるので気をつけましょう。

勢いよく水をかけると葉が取れてしまうこともあります。

また、葉の間に水が溜まると腐りやすくなります。

水やりは葉にかからないように株元に与えるようにしましょう。

肥料は年に数回、液肥を与えます。

エケベリア属は植え替えを怠ると用土が痩せ、
根腐れや病害虫を集める原因となります。

1~2年に1回、植え替えをしましょう。

植え替えの適期は春か秋です。

根を張るタイプなのでひと回り上の
サイズの鉢を選ぶといいでしょう。

増やし方は春先か初秋に葉挿し・指し芽で行ないます。

エケベリアを室内で栽培するコツは?

室内で育てていると日光不足でヒョロヒョロと
もやしのように伸びてしまうことがあります。

本来、太く育つはずの品種が細長く伸びている場合
原因は日光不足です。

細く伸びた部分が太くなることはありません。

下のほうを残してカットしてください。

場所を変えないと同じことの繰り返しになってしまうので、
日当たりのいい場所に移しましょう。

ずっと室内は、あまり望ましくありません。
できることならば、2日おきに外の風と日光に当ててあげましょう。

また、室内に置きっぱなしにしていると害虫が発生することもあります。

コナカイガラムシ、ハダニは乾燥した場所を好み、風通しが悪いと発生しやすいです。

見つけ次第捕殺しましょう。

⇒ サボテン・多肉植物に関する記事一覧

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-サボテン・多肉植物
-, , ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.