ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

リンドウ(竜胆)の特徴と種類、育て方

更新日:

リンドウの花

紫や青い花を咲かせるリンドウは秋を代表する花のひとつです。

今回はリンドウの特徴と種類、育て方のポイントを紹介します。

スポンサーリンク




リンドウの特徴と種類

自生するリンドウ

リンドウはリンドウ科リンドウ属の多年草です。

漢字では「竜胆(リュウタン)」と書きます。

古くから健胃薬に利用されてきたリンドウの根が、竜の胆、つまり肝の味みたいに苦いことが名前の由来となっています。

草丈:30~100cm
開花期:9~11月
花色:紫、青、白、ピンクなど

原産地は、日本・中国・韓国・シベリア。

リンドウの仲間は300種ほどあり、そのうち日本で自生しているのは約13種です。

野山で自然に咲いているほか、自然公園で見ることもできます。

もともとの花色は青紫や白。

品種改良によりピンクの花を咲かせるものもあります。

代表的な種類

◆エゾリンドウ
北海道から近畿地方にかけて分布しています。

背丈100cmくらいになる大型。

9月から10月頃に青紫色の花を筒状に咲かせます。

切り花として多く流通している種類です。

◆ササリンドウ
本州、四国、九州に分布しています。

花色は青紫色。花弁が外側に反るように開くのが特徴です。

◆オヤマリンドウ
東北地方から中部地方のにかけて分布し、亜高山帯~高山帯に生えています。

草丈は60cmほど。

8月から9月頃、青紫色の花を咲かせます。

◆ミヤマリンドウ
東北地方から中部地方にかけて分布しています。

背丈はおよそ10cm。

7月から8月頃、薄い青紫色の花が咲きます。

花びらが平らに開くことが特徴です。

リンドウの育て方

リンドウのツボミ

日当たりと水はけのよい場所で育てます。

真夏は西日の当たらない明るい日陰に置きましょう。

秋の彼岸ごろからは再び日当たりの良い場所に移します。

植え付けの適期は3月中旬~4月です。

鉢植えの場合、用土は市販の山野草用培養土を使うと簡単です。

酸性土を好むので自分で土を配合するなら赤玉土と鹿沼土小粒を半分ずつが良いでしょう。

水やり

地植えの場合は特に必要ありません。乾燥が続くようなら水やりをします。

鉢植えの場合は土の表面が乾いたらすぐに行うのがポイントです。

花に直接水をかけると閉じてしまうので根元の部分に与えるようにします。

乾燥すると葉が傷み回復しないので乾かしすぎないよう注意しましょう。

肥料

元肥として植え込み時に少量の緩効性化成肥料を与えます。

肥料を好み、不足すると、すぐに葉が黄色く変化するのでわかります。

肥料を与える期間は、芽出しから梅雨明けまでと秋の彼岸ごろから休眠前まで。

月2回ほど液体肥料を与えます。

花後の手入れ

種ができると株が弱ります。

咲き終わった花は早めに花茎の根元から摘み取るようにします。

植え替え

根の生長が早く根詰まりを起こしやすいです。

鉢植えは毎年植え替えしたほうがよいでしょう。

適期は植え付けと同じ3月中旬~4月です。

鉢から抜いたら土を3分の2くらい落として、ひと回り大きな鉢に植え付けます。

その後、1週間程度は日陰で管理して少しずつ日に当たるところへ出していきましょう。

同じサイズの鉢に植えたい場合は株分けをします。

根が少ないので株を無理に小さく分けず、手で引いて自然に分かれる程度の大きさに分けてください。

今まで使っていた鉢のほかに、もうひとつ鉢を用意して分けた株をそれぞれ植え付けます。

冬越し

冬は地上部分が枯れてしまいますが根は生きています。

表土が乾かないように水やりします。

病害虫

アブラムシが付きやすいです。ナメクジ、イモムシ、バッタなどの食害にも注意してください。

病気で葉や茎が萎縮したり曲がったりすることがあります。

最後に

リンドウの花

リンドウは夏の暑さに弱い植物です。

暖かい地域では無事に夏越しできるかがポイントといえるでしょう。

どちらかといえば寒冷地のほうが育てやすいかもしれません。

暖かい地域で育てるなら暖地向きの品種を選ぶのがポイント。涼しい場所で管理するようにしましょう。

ところで、リンドウは清少納言の「枕草子」にも登場しています。

「他の花が露で枯れる頃でも、華やかに咲いていて素晴らしい」と書かれているそうです。

リンドウの花を見かけるシーンといえば、敬老の日、十五夜、秋彼岸の時でしょうか。

今までは切り花を飾るだけでしたが、苗が販売されているのを見つけたら購入して育ててみたいと思っています。

関連記事
リンドウの花が咲かない理由とは?敬老の日にリンドウが贈られる理由も紹介!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-宿根草
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.