ガーデニング初心者向けに植物の育て方ポイントや実際に育ててみた体験談・栽培記録を紹介しています

楽して楽しむガーデニング

植物の夏の水やり注意点!時間帯と回数は?

更新日:

夏の水やり

暑さが厳しい夏は植物にとっても人にとっても大変な時期ですね。

だんだんと気温が高くなっていき、鉢植えやプランターの土も乾きやすくなっていきます。

夏場の水やりの時間帯と頻度について紹介します。

スポンサーリンク




夏場に水やりする時間帯と頻度は?

jouro

水やりは、早朝や夕方の涼しい時間帯に行ないましょう。

昼間にぐったりしている植物をみつけても、その場で水をあげることは良くありません。

日中に水やりを行うと水がお湯のようになってしまい根を傷めます。

水を与えると一時的には温度は下がりますが、日差しが強い時は蒸れてしまいます。

夕方の涼しい時間になるまで待ってから水をあげましょう。

ただし、既に水切れを起こしてグッタリしている場合は夕方まで我慢させたりせず日陰に移動させましょう。

その後、バケツに張った水に鉢ごとつけて株を冷やすと同時にしっかり吸水させます。

【夏の水やりの回数】
1日に2回が目安です。

夏の水やりのコツ

夏の暑い時期は水枯れの心配をするだけでなく水のやりすぎにも注意が必要です。

暑さが厳しい時に水をやりすぎると根腐れしてしまうことがあるからです。

また、開花中は花に水をかけないように気をつけましょう。

花に水をかけると蒸れたり花びらが散ったりして花が傷む原因になります。

咲いていない時は全体にかけても大丈夫です。

また、ホースを使用して水やりをする場合、ホース内に残っていた水が日中の暑さでお湯になっている場合もあります。

少し流して水の温度を確認してから植物に与えましょう。

水やりの役割とは

水分の補給とともに根が呼吸するのに必要な酸素を送り込むことが大きな目的です。

土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷり水を与えましょう。

土の表面が湿る程度しか与えないと土の中の古い空気を追い出すことはできません。

葉に付着した埃などを落としたり高温期には株や土の温度を下げるという役割も果たします。

2008年7月|庭の状況

7月も下旬に入り、梅雨も明けました。

暑い日が続き、我が家の庭の花もちょっと一休みといったところでしょうか。

今、咲いているのはギボウシとアルストロメリア、バラくらいです。

暑さのために、最近は庭の手入れもさぼりがち。

朝・夕の涼しい時間帯を利用して、ちょっとの時間でも植物の手入れをしていきたいですね。

関連記事
梅雨の時期に行いたい植物の手入れポイントは?
夏のガーデニング作業!植物の手入れポイントは?
ガーデニング初心者でも育てやすい!夏から秋に咲く花は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-季節のガーデニング作業
-, ,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.