ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです

楽して楽しむガーデニング

弘前城植物園の見どころは?アクセス・駐車場情報も紹介!

更新日:

弘前城植物園

弘前城植物園は弘前城有料区域内にありますが毎年5月の最終日曜日は無料開放日となっています。

四季折々の植物が楽しめる弘前城植物園の無料開放日を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

この記事では弘前城植物園の見どころとアクセス・駐車場情報を紹介します。

スポンサーリンク




弘前城植物園の基本情報

弘前城植物園

弘前城植物園は弘前公園(弘前城三の丸)の一角にあります。

三の丸一帯は廃藩置県後、兵部省(後の陸軍省)の管轄となり戦後は弘前大学教育学部の敷地でした。

弘前大学の移転にともない都市緑化植物園の整備を進め1988年に開園。

園内には1,500種、124,000本の樹木など用途別に植えられています。

【弘前城植物園】
所在地:青森県弘前市下白銀町1-1 弘前公園内

開園期間:4月上旬から11月23日
(開園日は積雪状況により変動します)

開園時間:9:00~17:00 ※最終入場16:30まで

休園日:開園期間中は無休

料金:大人 310円、子供 100円
※5月の最終日曜日は無料開放日

※65歳以上の弘前市民、市内の小中学生、市内の障害者、市内の留学生は無料

弘前城本丸、藤田記念庭園との3施設共通券だと510円で入園できるのでお得です。

弘前城植物園の見どころ

弘前城植物園の桜

園内は23ゾーンに分割され、区画ごとにコンセプトが異なります。

植えられている植物も多種多様。

桜の木もたくさん植えられています。

桜の見頃の時期は弘前城と比較すると観光客も少なめなので、ゆっくりと桜を楽しみたい方にはオススメの場所です。

植物園では次のような品種の桜も見ることが出来ます。

飯田吉野(イイダヨシノ)
江戸彼岸(エドヒガン)
淡墨桜(ウスズミザクラ)
大山桜(オオヤマザクラ)
紅豊(ベニユタカ)
陽光(ヨウコウ)
一葉(イチヨウ)
寒緋桜(カンヒザクラ)
啓翁桜(ケイオウサクラ)
横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)

ほか多数。

桜の咲いていない時期も色々な花や植物が楽しめます。

大石武学流庭園

引用:https://www.hirosakipark.jp/523.html

津軽地方の独特な築庭法を伝える「大石武学流庭園」、江戸から庭師を招き築庭したと言われる「三の丸庭園」は一見の価値ありです。

その他にも

・世界各地のハスやハナショウブ等を集めた「湿性植物園」
・季節の移り変わりを感じとれる「花ごよみの径」
・万葉集に詠まれた植物を集めた「万葉植物園」

など園内は見どころ満載です。

見頃を迎えたハンカチツリーも素敵ですよ。

関連記事
ハンカチツリー(ハンカチの木)の見頃の時期と特徴は?

花時計

散策所要時間は約40分~1時間。

自由広場でお弁当を広げれば1日中楽しめる場所です。

雨天時の休憩所として園内には無料休憩所があり、追手門側入り口の南案内所には喫茶コーナーがあります。

弘前城植物園のイベント情報

大輪菊の展示

桜やカエデ、モミジ、イチョウなど見頃を迎える時期に合わせて弘前城植物園を主会場として「弘前城菊と紅葉まつり」が開催されます。

毎年、大河ドラマなどをテーマにした菊人形が展示されます。

また、大輪、中輪、懸崖などの菊の花が咲き競う様子はとても見事です。

祭り期間中は弘前城植物園の特設ステージで津軽三味線などのイベントがあります。

弘前城植物園へのアクセス・駐車場

出入り口は北案内所と南案内所の2つあります。
・北案内所:文化センター向かい(東門側)
・南案内所:市役所・観光館向かい(追手門側)

弘前城の正面玄関は追手門になるので南案内所から入るのがよいと思います。

追手門の付近には路線バスと100円バスの停留所があります。

また、タクシーの停車場もあるため交通の便がよいです。

【バス】
・駒越経由藤代営業所行き 市役所前公園入り口下車 徒歩5分
・浜の町経由藤代営業所行き 文化センター前下車 徒歩5分
・中央高校前下車 徒歩5分

【駐車場】
弘前公園には駐車場がありません。付近の駐車場を利用してください。

・弘前市立観光館駐車場(有料) 
・弘前文化センター駐車場(有料)

市役所の駐車場は、さくらまつり期間中(4月23日~5月5日)に臨時駐車場となります。

さいごに

弘前城植物園

弘前城植物園の桜は、早咲きから遅咲き、一重咲き、八重咲きなど様々な品種が植えられています。

花の色や形、葉の色など品種の違いを楽しめるのも魅力ですね。

弘前公園の桜祭り期間中はたいへん混雑しますが植物園は比較的静かです。

ゆっくりお花見をしたい方は植物園も訪れてみてください。

共通券を購入すれば、弘前城本丸、藤田記念庭園も見られるのでお得ですよ。

関連記事
弘前公園の桜満開!花筏(はないかだ)の見頃はいつ?無料駐車場情報も紹介

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-植物園へ行こう
-,

Copyright© 楽して楽しむガーデニング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.