庭仕事をするときの紫外線対策は?おすすめ日焼け防止グッズを紹介!

家庭菜園

庭仕事をしていたら、いつの間にか日焼けしていた!という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

植物の手入れが必要な時期は紫外線も強い時期です。

庭仕事をする時の紫外線対策や日焼け防止グッズを紹介します。

庭仕事をするときの紫外線対策のポイント

紫外線が多い季節といえば、夏というイメージがありませんか?

しかし、紫外線量が特に多いのは5月から9月頃です。

6月に入ったら、真夏と同じくらいの紫外線対策が必要になってきます。

時間帯別でみると紫外線が強いのは、10時から14時の間。

一日の約60%の紫外線量を占めています。

紫外線が強い時間帯を避ける

10時から14時の間は庭に出るのを避けるようにしましょう。

朝の早い時間や夕方などに植物の手入れをすれば紫外線対策になります。

暑さが厳しい夏場は熱中症にも注意が必要ですよね。

その意味でも庭仕事は涼しい早朝や夕方の時間帯がオススメです。

庭仕事時の日焼けを防ぐ紫外線対策グッズ

紫外線対策が必要な部位は、顔・首・腕・足です。

顔はどうしても露出してしまうので、日焼け止めクリームを塗りましょう。

絶対、顔は日焼けしたくない場合は、目だけ出すかぶりもの「顔カバー」などを利用するとよいでしょう。

日差しを避けるための帽子は、日射病・熱中症を防ぐためにも必要です。

素材は、綿、麦わら、ポリエステルなどがあります。

紫外線をカットしてくれるUV加工した帽子を選べばより高い効果が期待できます。

また、意外と忘れがちなのが、自分では気が付きにくい「うなじの日焼け」です。

炎天下で頭やうなじに直射日光を受け続けると熱中症になってしまうおそれがあります。

キャップ型の帽子やサンバイザーは前にしかツバがついていないので、うなじへの太陽光を防ぐことはできません。

帽子は、うなじまで覆ってくれるようなツバ広型のものや後ろに布が垂れるタイプのものを選びましょう。

首にタオルやバンダナを巻いたり、UVネックカバーもオススメです。

腕には、アームカバーをつけます。

手袋は手首まである長めのものがよいでしょう。

そして、長ズボンを履きます。

害虫対策もあるので肌を露出しないようにしましょう。

綿は紫外線を通すので、ポリエステルと綿が混合されているもの、またはUVカットの生地素材でできたものを選ぶとよいでしょう。

体の内側から紫外線対策

紫外線を浴びると肌や体内で活性酸素が増えて、シミ・シワ・たるみなどの原因になります。

日焼け止めクリームで肌が荒れやすいという人は体の内側から紫外線対策できる商品を利用してみるのもよいかもしれません。

さいごに

今回は、庭仕事をする時の紫外線対策や日焼け防止グッズについて調べたことを書いてみました。

ちょっとの時間で終わらせるつもりで帽子をかぶらず庭仕事をしていたら首がしっかり日焼けしてしまった…ということが何度もあります。

暑いからといって肌を露出したまま庭仕事をすると日焼けするだけではすみません。

虫に刺されたり、庭木で引っ掻き傷を作ってしまうこともあります。

便利なグッズや内側からのケアで日焼け対策をしていきたいと思います。

関連記事
ガーデニング時の紫外線対策!日焼け防止のUVカット商品は?

タイトルとURLをコピーしました