自分に合ったガーデニングスタイルは?

寄せ植えを作る

春になったら、ガーデニングを始めてみたい…という方もいらっしゃることでしょう。

一口にガーデニングといっても、

ベランダでプランタや鉢植えを楽しみたい
花壇にいろいろな植物を植えてみたい

とガーデニングのスタイルも様々です。

ガーデニングは、始めたいと思ったら、いつでもどこでもスタートできるのも魅力ですね。

もともと、ガーデニングとは、園芸・造園全般を意味します。

最近では、広い庭だけでなくベランダや窓辺を植物で飾ることも意味するようになりました。

一鉢の観葉植物でも立派なガーデニングです♪

また、全くお金をかけなくても、0円からでも始められます。

家の中にあるものでガーデ二ングに利用できそうなものを上手に取り入れていきましょう。

例えば、鉢のかわりにペットボトルや牛乳パックを使ってみるなど。

ペットボトルは、芽出し用の鉢、水栽培の鉢、寒い時にはプチカバーなどいろいろ活用できるツールになります。

水栽培なら土を購入する必要がありません。

植えるものは、台所にある野菜たちを利用すれば0円です。

長ネギ、ホウレンソウの根の部分、ニンジン、ダイコンの頭の部分は水栽培で芽を出すことができます。

こんなふうに、植物を植える場所がない場合でも、その気になればガーデニングは始められます。

庭がある場合なら、もっとたくさんの植物が育てられますね。

大切なのは、長く植物とつきあっていくには、自分の暮らしにあったガーデニングスタイルを見つけていくことです。

そのためには「庭や植物と接する時間と労力をどれくらい確保できるか」ということを把握しておきたいものです。

・庭の有無や、庭の広さ
・仕事があるので週末しか時間がとれない
・比較的時間に余裕がある
いろいろなパターンがあります。

私の場合、ガーデニングを始めのは2005年ころ。

かれこれ4年ほどになりますね。

現在、庭の手入れに使える時間は1日に1時間くらいなので一通りみてまわるだけで時間になってしまいます。

最初の2年くらいは、雑草取りに明け暮れていました。

植物に対する知識は全くなく、ガーデニングを楽しむどころではありませんでした。

失敗は数知れず…。

まだまだ初心者の域をでません。

でも、昨年あたりから、ちょっとはガーデニングを楽しむ余裕が出てきたかなと感じるようになりました。

ガーデニングは一生楽しめるものですから、ゆっくりと植物が成長していくのを楽しんでいけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました