ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

雑記

イングリッシュガーデンとはどんな庭?狭い庭での作り方ポイント!

投稿日:2007年12月27日 更新日:

イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデンの特徴や作り方、おすすめの植物、
日本で見られるイングリッシュガーデンの名所情報を紹介します。

スポンサーリンク




イングリッシュガーデンとはどんな庭?

イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデン(英国式庭園)という
スタイルができたのは18世紀頃だそうですが、
そこで提唱されたのが「風景式庭園」というもの。

簡単にいえば「あるがままの自然を楽しもう」
というものだそうです。

自然な雰囲気を楽しむ庭ということから
風景式庭園(自然式庭園)と呼ばれることも
あるようです。

イングリッシュガーデンの作り方

基本的に自分の好きな植物を植えていいとされています。

とはいえ、植物の特性を知りバランスがよくなるように
植えることも必要です。

イングリッシュガーデンの醍醐味は、
手入れをしているのに自然風に見せるところです。

イングリッシュガーデンでは色彩と咲く時期も大切です。

色合いを同系色でそろえて配植すると、まとまりのある庭になります。

また、1年を通して花を楽しむことができるよう、
季節ごとに開花期がずれるような植物を植えるとよいでしょう。

【ボーダーガーデンを作ろう】
ボーダーガーデンは、イングリッシュガーデンの代表的なスタイルです。

背の高い植物を奥に、低い植物を手前に配置して作ります。

手前から奥にかけて高くなるようにすることで、
庭に広がりや奥行きをもたせ自然な雰囲気を
作ることができます。

建物の塀や小道に沿って作りますが、
ボーダーの幅は1~2メートルあれば大丈夫です。

寄せ植えなどプランターでも同じようにレイアウトできます。

イングリッシュガーデンにおすすめの植物

バラは、イングリッシュガーデンに使われる代表的な植物です。

クレマチスは、バラと相性がよいので一緒に植えるのもおすすめです。

ラベンダーやチェリーセージ、ミント類も人気です。

ルピナスは、高さがあるのでボーダーガーデンの奥側にぴったりです。

ギボウシの美しい葉は日陰の庭を明るく彩ってくれます。

どの植物を植えようか迷ったら、
セットで購入するという手もあります。
狭い庭でもOKです。
↓ ↓ ↓

日本にあるイングリッシュガーデン

日本で本格的なイングリッシュガーデンを
満喫できるスポットは各所にあります。

横浜イングリッシュガーデン(神奈川県横浜市)
みつけイングリッシュガーデン(新潟県見附市)
蓼科高原 バラクライングリッシュガーデン(長野県茅野市)
松江イングリッシュガーデン(島根県松江市)
アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン(群馬県太田市)

さいごに

テレビや本で見るイングリッシュガーデンは素敵ですね。
自分の庭をイングリッシュガーデンにしてみたい、
と思う人も多いのではないでしょうか。

私はというと、見るのはいいけれど、
維持管理が大変だろうなって思ってしまいます…。

当たり前のことですが、イギリスと日本では気候が違います。

イギリスは北海道より北にあるのに暖流の関係で
北海道より暖かく、夏は緯度が高いので涼しいという気候です。

花が咲く時期が長く、植物の育つ状況も育ちやすい植物も違います。

イングリッシュガーデンをそのまま日本でやると、
植物はすごく伸びるらしいです。手入れも大変です。

ですから、日本でイングリッシュガーデンをするには
日本風にアレンジする必要があるということです。

ちなみに、イギリスの都市部では、庭のない家に住んでいても
バルコニーなどの限られたスペースを生かして
花や野菜づくりを楽しんでいる人が多いそうです。

ドアの横や窓際にハンギングバスケットを華やかに飾って、
住む人だけではなく訪れる人や道行く人の目を楽しませて
くれているというのも一般的な光景だとか。

大掛かりなイングリッシュガーデンばかりではなく、
日常生活に植物を自然に取り入れるイギリスのガーデニングを
私も見習いたいです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.