小石川植物園の桜と紅葉の見ごろ時期はいつ?アクセスと駐車場は?

小石川植物園

小石川植物園は東京にある植物園です。

研究のために多くの植物が植えられていますが桜と紅葉の穴場スポットでもあることをご存知ですか?

小石川植物園の桜の見頃時期、アクセス・駐車場情報を紹介します。

スポンサーリンク

小石川植物園の基本情報

小石川植物園の梅

小石川植物園は通称で、正式名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」といいます。

植物に関する様々な研究を行うための東京大学の教育実習施設になっています。

日本でもっとも古い植物園で1684年(江戸時代)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園」がその始まりといわれています。

300年以上もの歴史があるというのはスゴイですね!

2012年に国指定の名勝及び史跡となりました。

小石川植物園には研究のために珍しい植物がいろいろと収集されています。

他では見られない植物をみることもできますよ。

小石川植物園のリンゴ

例えば、ニュートンが万有引力を発見したキッカケとなったリンゴの木の子孫の木。

遺伝学の基礎を築いたメンデルが実験に用いた葡萄の分株もあります。

所在地:東京都文京区白山3-7-1
電話:03-3814-0138
営業期間:9:00~16:30
休業:月
入園料:大人(高校生以上)400円
    小人(中学生、小学生)130円

小石川植物園のアクセス・駐車場情報

小石川植物園が見える光景

・都営地下鉄三田線 白山駅下車 A1出口 徒歩約10分

・東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 出入口1 徒歩約15分

・都営バス(上60)大塚駅~上野公園線 白山2丁目下車 徒歩約3分

※正門脇に駐輪場があります。

※駐車場はありません。

小石川植物園の桜と紅葉の見ごろ時期

小石川植物園の桜

小石川植物園の園内には、約4000種もの植物が栽培されていて、つつじ園、梅林、薬園保存園、針葉樹林などに分類されています。

エリアごとに違った雰囲気を味わえるのも魅力のひとつですね。

そんな小石川植物園は桜と紅葉の穴場スポットといわれています。

桜の時期にはレジャーシートを敷いてお花見を楽しめるそうですよ。

例年の桜の見頃時期:3月下旬~4月上旬

紅葉

例年の紅葉の見頃時期:11月下旬~12月上旬

場所が駅から遠くて駐車場がないことが混雑しない理由なのかもしれませんね。

静かにゆっくりとお花見・紅葉見物をしたい人にはおすすめの場所です。

開花・紅葉情報を確認してからお出かけしましょう。

公式サイト⇒小石川植物園

さいごに

小石川植物園のツツジ

駅からちょっと離れた住宅街にある小石川植物園。

東京の真ん中にあるとは思えない自然豊かな場所です。

園内はとても広いので、短時間で見て回ることはできません。

ゆっくりと時間をかけて散策するのがオススメです。

森林浴でリラックス効果も期待できると思いますよ。

関連記事
桜前線とは、どんな意味?2018年の開花予想は平年並み?
早咲き桜の種類・品種・特徴は?開花時期と名所も紹介
桜の標本木はソメイヨシノ!理由はクローンだから?
新宿御苑の桜の見頃と混雑状況は?
六義園の桜の見頃はいつ?ライトアップ時期の混雑情報も紹介

タイトルとURLをコピーしました