ガーデニング初心者向けの基礎知識を紹介しているブログです。初心者向けの植物・雑草対策・害虫対策など管理人の実例もあります。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

シュウメイギク(秋明菊)を衝動買いした話

投稿日:2007年10月30日 更新日:

2007shuumeigiku

シュウメイギク(秋明菊)を買いました。

ホームセンターで、なにげなく花の苗のところを
みていたら、安売りしていたのです。

時期的に花や苗の出回り時期も終わりのようで、
売れ残り?なのでしょうか。

葉っぱだけの小さな苗です。

来年のお楽しみと思えば、お買得かもしれません。

花の色はピンクで、品種は「プリンツ ハインリッヒ」。

一体、どこの国の生まれって思うような名前ですね。

シュウメイギクは半日陰でも育てられるし、
寒さに強い植物ということなので、
欲しいなぁとは思っていたのです。

草丈は40~70cmと結構大きくなるようです。

コスモスと同じくらいの草丈でしょうか。

シュウメイギクは一重咲き、八重咲き、矮性タイプなど
いろいろな品種があります。

江戸時代の園芸書にもシュウメイギクが載っている
そうですから、ずいぶんと昔から栽培されてきたんですね。

名前の由来を調べてみました。

・秋に明るい色の花を咲かせる
・花が菊に似ている
ということから名づけられたそうですよ。

また、貴船菊(キブネギク)という別名も持っています。

京都市の北部にある貴船山で、多くの秋明菊が帰化し、
頻繁に見られたことに由来するのだそうです。

英語では、Japanese anemone(ジャパニーズアネモネ)

これは「日本のアネモネ」という意味で、
西洋のアネモネと区別するために名づけられたそうです。

シュウメイギクというと、なんとなくお寺に咲いている
花というイメージがあるのですが、
実は、海外でも人気の多年草なのだとか。

イギリスではボーダー花壇に植えられていると雑誌で
紹介されていました。

近所の庭でもシュウメイギクが咲いているのを
見かけますが、花が少なくなってくる季節に
咲いてくれるので、庭が明るくなっていいですね。

花茎が長く風にそよぐ様は風情があります。

これ以上、庭に植物を増やしてどうするって
反省はしています。

でも、ホームセンターや園芸店に行くと
欲しいものがあって、つい買ってしまいます。

今年はこれで3~4種類は増えてしまいました。

来年は、これら新入りの植物を枯らさずに
増やすことができたらいいな、と思います。

関連記事
シュウメイギク(秋明菊)の育て方!植え替え時期と方法は?
秋明菊(シュウメイギク)を地植えする時期はいつ?方法は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-雑記
-

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.