ガーデニング初心者向けに植物の育て方のポイントや実際に育てている植物の栽培記録を紹介しているブログです。

ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング

シクラメンの花後の管理!夏越しさせて来年も咲かせるポイントは?

更新日:

sikuramen20071020

シクラメンは多年草の球根植物なので花が咲き終わった後、夏越しができれば来年も花を咲かせることができます。

暑さが苦手なシクラメンを夏越しさせるための花後の管理として、休眠法・非休眠法という2つの方法を紹介します。

スポンサーリンク




シクラメンの花後の管理、夏越し方法

シクラメンの球根

シクラメンの夏越しには、休眠法と非休眠法の2つの方法があります。

【休眠法】
鉢土を乾かして葉を全て枯らし、球根だけにして夏を越す方法です。

花が咲き終わったら徐々に、水やりの回数を減らしていきます。

温度が上がってくると葉が黄色になって枯れ、やがて球根だけになります。

このような状態が休眠状態です。

葉が枯れたら、水や肥料はいりません。

夏の間は風通しのよい涼しい日陰で雨に当たらない場所に置きましょう。

9月になると、休眠から覚めて新芽が伸び始めるので植え替えをします。

鉢に元肥を入れた新しい土を入れ、球根が土の中に埋まらないよう浅めに植えます。

植え替えが終わったら、たっぷりと水を与えましょう。

葉が出始めたら日の当たる場所に移して徐々に水やりを多くし、肥料も与えるようにします。

花が咲くのは1~2月です。非休眠法に比べると1ヶ月ほど遅れます。

シクラメンの葉

【非休眠法】
水やりと肥料を与え続け、生育させながら夏を越す方法です。

シクラメンは暑さが苦手なので、5~8月は軒下などの涼しくて風通しのよい場所で管理します。

雨と直射日光が当たらない場所であることも大切です。

水やりは控え目にします。土が乾いたらさらに1日待ってから水やりするくらいがよいでしょう。

肥料は、水やりを兼ねて月に1回、液肥1000~2000倍液を与えます。

夏になると古い葉は黄色くなって枯れるので取り除きましょう。

9月に入ったら、一回り大きい鉢に植え替えをします。

株を鉢から抜いて、古土を半分ほど落とし、新しい用土に植えます。

植え付ける時は球根が地上部に半分出るように出るように浅めにします。

植替え後は、通常の育て方で管理します。

※シクラメンは暑さに弱く 途中で葉が枯れてしまうことがあります。
 そんなときは、休眠法に切り替えて夏越ししてもかまいません。

【栽培記録】シクラメンの夏越し失敗!原因は?

今回、初めてシクラメンの夏越しにチャレンジしてみました。

休眠法と非休眠法、どちらの方法にするか悩んだのですが…。

ネットで調べてみると、
「休眠させた方が比較的簡単に夏越しできる」
「初心者には非休眠法のほうが簡単」
とありました。

一体、どちらが本当?と思ってしまいますよね。

とりあえず、手間がかからない休眠法でやってみることにしました。

結果は、失敗…。

腐ってしまったのです。

シクラメンの球根は過湿になると腐りやすいそうです。

置き場所の風通しが悪かったのかもしれません。

シクラメンは夏越しさせるのは、難しいといわれていますが、再チャレンジしてみたいものです。

【追記】
気温が20℃以上になるとグッタリし、30℃以上では休眠してしまうとか。

休眠法は温暖な地域に向いていて、非休眠法は寒冷な地域に向いていると書かれているサイトもありました。

つまり、青森県なら非休眠法で夏越ししたほうがよいらしいです。

関連記事
シクラメンの育て方(冬から春)室内での管理方法ポイントは?
シクラメン夏越し後、新しい葉が徒長した原因は?
夏越しに成功したらシクラメンを植え替え!時期と方法は?
初めて夏越し成功!シクラメンが開花しました
シクラメンの夏越し二度目の成功!植え替えをする

⇒ シクラメンに関する記事一覧

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-シクラメン
-, ,

Copyright© ガーデニング初心者ブログ 楽して楽しむガーデニング , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.