苔玉の作り方と育て方

苔玉

一般的な苔玉の作り方

必要なもの

・苔
 庭に生えている苔も使えます。購入するなら丈夫なハイゴケやハネヒツジゴケがオススメです。

・土
 ケト土(けとつち)という保水力がある土と小粒の赤玉土を7:3の割合で混ぜて使います。

・植え込む植物(ポット苗)
 観葉植物や山野草など。苔玉は明るい日陰に置いて育てます。植え込む植物も同じように半日陰を好む植物を選ぶのがよいと思います。

・糸
 テグス糸 または 化繊糸

作り方

・ケト土と赤玉土を混ぜたものを丸め、お椀型にします
・植え込む植物の苗をポットから取出します
・根についた土をほぐして余分な土を落とし植え込みます
・ケト土で「ふた」をして形を整えます
・苔を貼ります
・苔がはがれないように糸でぐるぐると巻いて固定します

苔玉の作り方は様々

一般的なケト土を使った作り方を紹介しましたが、実は、根鉢の周りをくるむ素材はケト土でないとダメというわけではありません。

適度な保水性があって、ちゃんと根鉢を包み込むことができる素材であれば大丈夫。

なので、苔玉はミズゴケや軍手を使っても作ることができます。

軍手を使った苔玉というとビックリしますが、苔を貼ってしまえば違いはわかりません。

一般的な苔玉の育て方

好みの皿に苔玉を置いて飾りましょう。

皿には水を切らさないようにし、毎日霧吹きで水を吹きかけて全体がしっとりとした状態を保つようにします。

小さな苔玉ならガラスのコップに入れて飾るという手もあります。

ハイドロボールか小石を少し置き、その上に苔玉をのせます。

水やりはガラス容器の底に5mmから1cmほど水を入れておきます。ゼオライトなどの根腐れ防止剤を少し入れるとよいでしょう。

室内の窓辺など明るい日陰または半日陰になる場所に置きます。

肥料は必要ありません。

材料が全て揃う苔玉キット

庭に苔が生えていない、そもそも庭がない、空き地に生えている苔を取るのは人目が気になって無理など…。

材料をひとつひとつ準備するのが面倒という場合は、苔玉キットを購入するのが一番かもしれません。

苗・苔・土・テグス(糸)、作り方のしおりがセットになっているので、届いたらすぐに苔玉が作れます。

庭に生えている苔で苔玉作りするはずが…

苔玉の作り方を調べてみたら、いろいろな方法があることが分かりました。

作り方を検索すると必ずといっていいほど「ケト土」というのがでてきます。近所のホームセンターでケト土が販売されていないから苔玉は作れないと思っていた私にとっては、目からウロコ。

まさか、軍手で苔玉が作れるなんて!本当にビックリですね。

苔の種類も、ハイゴケ、スナゴケ、山苔でなくてはいけないというわけでなく…。庭の隅や公園、空き地などに生えている苔を使ってもいいというのも嬉しい。

植え込む植物は100円ショップで購入できる観葉植物でOK。私は庭で育てているユキノシタを植え付けてみたいと思っています。

さらに、苔玉初心者は、植物が植えられていない「苔だけの苔玉」を育ててみるのもオススメというサイトをみて、苔玉作りと育て方のハードルがグッと下がりました。

昨日は、いよいよ庭に生えている苔を使って苔玉を作るぞ~と張り切っていたのですが、最高気温が30.1度。いきなりの真夏日になってしまいました。

庭に生えている苔をみたら暑さですっかり乾いて茶色になっています。雨も降らず気温も高めの日が続いていることも影響しているのか枯れている部分もあるようです。

夕方、苔に水やりをしてみましたが、果たして復活してくれるかどうか。

夏の暑さはこれからが本番。庭の苔を使っての苔玉作りは涼しくなる秋に始めることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ