タンジー・ヘンルーダ・ミセバヤの苗を通販で購入

misebaya2016
タンジー・ヘンルーダ・越中ミセバヤの苗を通販で購入しました。

ハーブ苗、タンジーはアリよけが目的

今年の春から初夏にかけて家の中にアリが入ってくることが何度もありました。そのためタンジーをタネから育てようとしたのですが、ひとつも発芽せず失敗に…。最初から苗を購入すればよかったですね。

秋から育てて来年の春に備えたいと考えています。

⇒その時の記事はコチラ:アリが嫌いな植物というのは本当?タンジーの効果と育て方

ハーブ苗、ルー(ヘンルーダ)でアリ&ネコの侵入を防ぐ

オーストラリアではネコが嫌がる「猫寄らず草」して有名だと販売サイトでは紹介されていました。

ここ数年、近所の野良猫たちが花壇に入り込むことはなかったのですが。今年になって庭のあちこちにフンをされるようになりました。

ネコも代替わりしたのかもしれませんね。最近の若いネコには困ったものだと年寄りみたいなことをいいたくなります。これで庭に寄りつかなくなってくれるとよいのですが。

⇒植物でネコを寄せ付けない方法について書いた記事はコチラ:ハーブを使った猫よけ対策

この記事を読み返して、庭に植えてあるペパーミント、スペアミントも猫よけの効果が期待できるということ、すっかり忘れていたのに気づきました。

来年の春にはネコ対策として植える場所を移動させてみたほうがよいのかもしれません。

紅葉が楽しみな多肉植物:越中ミセバヤ

ミセバヤは以前から育ててみたいなと思っていた多肉植物です。タンジー・ヘンルーダを扱っていた通販ショップで販売されているのを見つけたので一緒に購入しました。

ツボミ状態の苗が届いたので、開花と紅葉が楽しみです。

ミセバヤの育て方

手軽に植物の苗が購入できる通販サイト

今回は、楽天市場の今回は、楽天市場の園芸ネット プラスさんから購入。丁寧に梱包された良い状態で苗が届きました。

20161008a
※宅配便で届きました。

20161008b
※ポット苗が動かないようにテープで固定されて入っています。

20161008c
※タンジーの苗

20161008d
※ルー(ヘンルーダ)の苗

20161008e
※越中ミセバヤの苗

タンジーの苗はとりあえず花壇の空いている場所に地植え。来年春以降、育ち具合をみて植える場所を移動させる予定。

タンジーの生育状況はコチラの記事に書いています。
アリが嫌いな植物というのは本当?タンジーの効果と育て方

ルー(ヘンルーダ)の苗は鉢植え。ネコが入り込む場所を見極めて、その場所に鉢植えを置くか、それとも地植えにするか、こちらも来年春に決めるつもりです。

越中ミセバヤの苗は鉢植え。耐寒性は強いので冬も屋外に出したままでも問題ありません。冬場は地上部が枯れてしまうそうですが、それまでの間は観賞用として室内に置いて楽しみたいなと考えています。

misebaya20161027
※苗到着から20日後のミセバヤ。

misebaya20161119
※2016年11月19日撮影。葉が色づいてきました。

misebaya20161128a
※2016年11月28日撮影。紅葉が進んできました。シワシワになって触れると落ちてしまう葉もあります。

misebaya20161128b
※2016年11月28日撮影。株元に新芽が出てきました。

misebaya20161204
※2016年12月4日撮影。葉っぱがオレンジ色になりました。
 シワシワになった葉は触るとポロポロと落ちてしまいます。


※2016年12月11日撮影。葉っぱはほとんど落ちてしまいました。


※落ちた葉です。

2016年10月上旬の天候

10月に入って、最高気温が20度を下回り、最低気温も10度以下と一桁になる日がでてきました。数日前まで半袖で過ごしていたのがウソのようです。

昨日は北海道で雪が降り、岩手山では初冠雪というニュースが。そろそろストーブの準備をしておいたほうがよいのかもしれません。

三連休の初日となった今日は朝から雨が降って気温も上がりません。最高気温が15度前後と平年より5度ほど低いです。天気予報によると、ここしばらくは雨模様の日が続くとか。

一週間前に生垣の剪定をやっておいてよかったなと思います。あと1ヶ月もすれば今年の庭仕事もお終いでしょう。