苔盆栽の作り方と失敗しない苔の育て方

koke2016
苔盆栽とは、小さめの器に苔だけが植えられている鉢植えのことです。

作り方が簡単で手入れも楽。苔を眺めて癒されたいという人は、苔盆栽を手作りしてみませんか?

苔盆栽に使う苔はどこで入手する?

家の周りや自宅の庭にある苔を使うのが一番簡単だと思います。

ホームセンターや園芸店などで販売されていますが、ネット通販でも購入することができます。

山苔のホソバオキナゴケやアラハシラガゴケなどが使われますが、どちらを選んでも大丈夫です。

苔盆栽に使う用土、器・鉢

用土は、小粒の赤玉土にミズゴケを小さく切って混ぜ込みます。ミズゴケの量は全体の2割くらいを目安にしましょう。

苔盆栽の使う器は、底に穴がある普通の植木鉢でも、穴がない鉢でも作れます。

盆栽用の鉢でなくても、お皿やジャムの空き瓶などお気に入りや可愛い器に苔を植えてみるのもいいと思います。

サイズは、手のひらに収まるくらいの小さめのものがよいでしょう。大きさは5~6センチで十分です。

小さすぎる鉢は乾燥しやすく、大きな鉢は置き場所をとって水やりも大変なのでオススメとはいえません。

苔の植え方

器に用土を入れたら充分水をやりましょう(底に穴がある器の場合)。穴がない器を使う時は、先に土を湿らせておきます。

苔は、植える前に十分水をやり湿らせておきます。ピンセットで苔の端をぐっと用土に差し込みます。

こんもりと盛り上がらせると出来上がりの見映えがよいです。

山苔の育て方

【水やり】
霧吹きで寝る前にシュッとひと吹きする程度でいいです。

苔は、湿気ていなければ乾燥して茶色く変色して枯れてしまいます。水をあげると元気になる場合もありますが、変色した部分は茶色のままで緑に戻ることはありません。

室内のインテリアとして置く場合は、水はあげすぎないように注意しましょう。

苔は朝霧や夜霧を好むので、屋外で霧にあてると生育がよくなります。

色が悪くなったり調子が悪そうなときは盆栽から苔をはがし水道の流水の下で軽く握り洗いをしましょう。手のひらに乗せ、軽く握りながら水を掛ける感じです。

水分の吸収が良くなり元気になります。乾燥シイタケを戻すようなイメージです。柔らかくなったらOKです。

【置き場所】
半日陰でも大丈夫ですが温度変化の少ない明るい日陰の方がよいです。室内であれば、直射日光が直接あたらないレースのカーテン越しの窓辺などに置きましょう。

エアコンの風が直接当たらないように気を付けることも大切です。

苔盆栽は初心者にもオススメ

苔が「はりねずみ」や「カメ」などの器に入っている苔盆栽をみたことがある人も多いのではないでしょうか?

玄関先やリビングのインテリアとして飾る人も多く、プレゼント用としても人気があるというのもよく分かりますね。

苔自体はシンプルですが、使われている盆栽鉢や器によって随分とイメージが違ってくるものです。

ところで、販売されている苔盆栽は手ごろな値段のものから高いものまで随分と値段に幅があると思いませんか。オリジナルの鉢や器が使われているせいなのかもしれませんね。

自分用に盆栽鉢が欲しいと思ったら、手作りした方がお得ですし、愛着も増すと思います。

苔盆栽と同じくらい人気なのが苔玉ですが、手入れが簡単ということからいえば、まずは苔盆栽から始めるのがよいのではないでしょうか。

ちなみに、苔玉は、お団子状の赤玉土の中にメインになる植物を1本植え付け、その外回りをコケで覆ってあげれば完成します。

材料があれば30分ほどと短時間で作れるそうです。

ただ、維持管理には、ちょっとコツがいるときいているので、苔の育て方に慣れてから「苔玉」にチャレンジしてみるのがよいかもしれません。

苔盆栽をはじめる

庭や自宅の周辺を探せば苔は見つかります。ただ、苔は改めてじっくりと見ることもないので、苔盆栽に合う苔なのかどうか分からずにいます。

それに、その辺の道路に苔が生えているのを見つけても、人目が気になって苔を取ることができないこともありました。

用土や鉢は100円ショップでも手に入りますが、苔だけはネットで購入するつもりでいます。

寒の戻りで積雪:2016年3月下旬

yuki-suisen
※雪に埋まったスイセン

春分の日(3月20日・日曜日)頃までは平年並みの気温でしたが週の後半は寒くなりました。

火曜日は日中雨が降っていたのですが、夜になって「みぞれ」に。

冬型の気圧配置となって23~25日は久しぶりに雪が降り積もりました。今年は寒の戻りもないまま、春になるのかなと思いましたが、そんなにすんなりと暖かくなるはずはないということでしょう。

かえって雪が降ってホッとしたところもあります。やはり降るべき時には降ってもらいたいものです。

今冬、最大積雪深は過去5年で最少の72センチ。累計降雪量は過去10年を振り返っても最も少ない377センチ(3月14日現在)で記録的な少雪でした。

弘前市では委託業者による運搬排雪、拡幅除雪はゼロだったということからも、いかに雪が少ない冬だったかが分かります。

弘前公園のソメイヨシノの開花はいつ?

皇居乾通り、春の一般公開が始まりましたね。桜の開花状況はソメイヨシノの大半が一分咲き程度だとか。満開になるのは3月末頃でしょうか。

22日に、弘前公園の第1回桜の開花予想が発表されました。それによると、平年より4日早い4月19日(満開4月24日)ということ。今年も昨年に続いて早咲きになる見通しです。

先週の寒さで開花が少し遅れる可能性はあるのでしょうか。さくらまつりの開催に合わせてちょうどよく咲いてくれるといいなと思います。