梅模様。身近な日本伝統文様の意味・由来

梅の模様は、毎日の生活の中で目にすることが多い身近なデザインですね。

umegara

和柄と呼ばれる日本の伝統文様のひとつで意味や由来があるそうです。

新聞に掲載されていた下中菜穂さんの「くらしの文様帖」で梅の文様が紹介されているのをみて興味がわいたので調べてみました。

梅は、奈良時代以前、花といえば梅のことを指すほど昔から親しまれてきた植物です。

絵画の題材をはじめ、工芸品や着物の柄など今でも愛される文様となっています。

梅の花言葉は、高潔、忠実、気品、厳しい美しさ、あでやかさ。

厳しい冬を耐え忍び、春一番に花をつける姿から「忍耐力」を表すとされます。

梅の花を図案化した文様は、

梅の花と枝がいっしょに描かれる梅枝文
梅の花弁をクローズアップして図案化した梅花文

という分け方をすることもあるそうです。

monohisi20160214

例年なら2月の今頃は、庭にある物干し台が雪にスッポリ埋まってしまうくらいの雪が積もっています。

でも、今年は、ほぼ全体が見えている状態。これだけでも、いかに雪が少ないかというのを実感しています。

ここ数日の気温の推移です。
201602kion

13日は平年より10度近くも気温が高かったことになりますね。

南から暖かく湿った空気が流れ込んだことによるものだそうです。

そして、今日の最高気温は14.5度!4月上旬並みです。

季節外れの暖かさで春を先取りしたような一日でした。

雨も降ったので雪解けがどんどん進み、積雪量は1日で10センチも減少。現在24センチしかありません。

2月中旬でこの積雪量は信じられないくらい少ないです。

ただ、この暖かさも今日まで。

明日は真冬日だそうですから気温差は15度にもなります。

さしずめ、東京から青森に帰ってきたときと同じような気温差になるのでしょうか。

急激な気温の変化で体調を崩さないように気をつけたいものです。

umemoyou

梅の模様がついた器を使って、春の訪れを待ちたいですね。