実のなる植物・低木でいろどりのある庭に!

pirakansa

キクの花が咲き終わった後は、庭が枯葉ばかりで殺風景です。

例年、冬至のころには雪で一面真っ白の庭ですが、今年は、まだ雪が積もっていません。

まだ、根雪になっていないので、余計にさびしく感じてしまうのでしょう。

庭に実がなる低木があったらいいのになと、こんなときは思ってしまいます。

最近、そんなことを考えていたので、2015年12月20日のNHK趣味の園芸は、タイムリーな内容でした。

「冬を彩る実を楽しむ」というもので、年末年始にピッタリの実を楽しむことができる低木植物が紹介されていました。

冬に実をつける植物といっても様々あります。

ぱっと思いつくのは、正月の縁起物として今の時期によく見かけるセンリョウ、マンリョウ、ナンテンです。

ピラカンサもホームセンターなどでよく見かけるポピュラーな植物ですね。

そういえば、先日は、スーパーの園芸コーナーでタマリュウの苗が販売されていたのですが、青い実がついてました。

実がついているタマリュウを見るのは初めてでしたが、ブルーの実がキレイですね。

グランドカバーに利用されることが多いタマリュウは、芝生のように手間がかからず丈夫で育てやすい植物だそうです。

庭一面のタマリュウにこんなふうに青い実がついていたら、さぞかし、きれいな眺めでしょうね。

ついつい、タマリュウで埋めつくされた我が家の庭を想像してしまいました。

来年の春に、着手できたらいいな。

趣味の園芸では、そのほか、私にとって馴染みが薄い、外国産のクリスマスホーリー、ローズヒップ、コトネアスター、シンフォリカルポスなどが紹介されていました。

「寄せ植えアプリ」では、プリムラの寄せ植えを紹介。

寄せ植えって、少し面倒だというイメージがありましたが鉢植えをプランターに入れるだけ寄せ植えっぽくなるというのはいいですね。

プリムラ・マラコイデスをメインにして、カラーリーフなどと一緒に寄せ植え風に仕立てていました。

手軽にできそうなので試してみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ