中秋の名月と曳屋ウィーク

susuki
2015年の中秋の名月(十五夜)は、今日、9月27日。ススキを取りに出かけたり、お団子を買いに出かけたりと、朝からバタバタしていました。

susukineko
そんなわけで、ススキを玄関に置きっぱなしにしていたら…。

我が家の飼い猫が、いつの間にかススキにかじりついていたのでビックリです。

細長くて先がとがっている葉っぱが好きなのですが、ススキの穂も好きだったとはしりませんでした。

目がキラキラして、本当に嬉しそう…。

そんな、ひと騒動もありましたが、お団子やブドウ・梨も買ってきて準備万端整えて。

あとは、月の出を待つだけ。

日中は、晴れたり曇ったり、時々、雨まで降ってきて、やきもきしましたが。

夜には晴れてくれました。

窓を開けるとキレイな満月が見えます♪

28日は今年一番大きな月を見ることができるスーパームーン!

明日の夜も晴れてくれるといいですね。

2015年9月中旬の天候

先週は、晴れの日が多く、気温も平年並みでとても穏やかな1週間でした。

敬老の日、国民の祝日、秋分の日に土曜、日曜も含めると5連休だったわけですが、サラリーマンではないので、連休といっても普段と同じです。

秋彼岸で、お墓参りにいったほかは、ホームセンターで秋用の花苗を見たり、草取りするのに忙しかったです。

弘前城では「曳屋ウィーク」と称して、シルバーウィークに合わせ曳屋を体験するイベントが開催。

市民や観光客が参加する様子がテレビや新聞で紹介されていました。

総重量が400トンもある天守を綱引きの要領で動かすというのですからスゴイですね。

石垣修復のため、お城を動かすというのは100年に1度の大事業だとか。

この機会を逃すと二度と目にすることができません。

寒くなる前に、いちど、弘前公園に行ってこようと思っています。