ひょう害リンゴ

2014年10月も中旬に入り、ここ数日は穏やかな天気が続いています。日中の気温は20度前後、最低気温は10度くらいと平年並み。

街路樹のケヤキやドウダンツツジが少しずつ紅葉し始めました。

隣家のイチイの実も赤く色づき、クリスマスツリーを連想させます。
ichii2014

ギボウシやシランなどは枯れ始めてきました。頑張って咲いてくれた夏菊もそろそろお終いです。

全般に、庭の植物が終了という中、新しく伸びてくる植物があるのは嬉しいですね。

gensyusikuramen2014

原種シクラメンの葉が出始めました。

1年前の10月購入。今年の3月に開花しました。その後、春に葉がすべて枯れてしまったので、これでお終いかと思っていたのですが。

鉢植えだったのを地植えにして放っておいたのですが、生きていてくれたようです。

3月といえば、外は、まだ雪が積もっている時期。地植えのままだと、雪解け後に開花ということになるのでしょうか。

このまま、雪に埋もれさせてみるか、鉢上げして屋内で冬を越すか、迷いますね。

***

先週末は台風18号、今週は台風19号と2週連続で台風がやってくるのには参りました。せっかくの3連休に台風直撃でイベントが中止や延期になった地域も多いようです。

台風18号で青森県に大きな被害はありませんでした。19号は日本を縦断し、明日か明後日に最接近の予定ですが進路が気になるところです。

収穫前のリンゴに被害がでなければよいのですが。

ringo2014

リンゴといえば、近くのスーパーで、ひょうの被害を受けたリンゴが販売されているのを見かけて購入しました。

9月に青森県内の一部では、雹(ひょう)が降り、リンゴに大きな被害がありました。ひょうが当たってキズがついてしまったのです。

リンゴは被害農家を支援するために販売されているとのこと。普通のリンゴに比べて、とても安い値段でした。

ひょうが当たったキズはほんの少しで気になりません。

収穫間近や既に収穫適期になっていたリンゴだからでしょう。とても美味しかったです。

消費者にとっては、この値段で、この味なら、とってもお得というもの。

おいしいリンゴが食べられて、幸せな気分です♪

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ