吾亦紅(ワレモコウ)の育て方

ワレモコウはバラ科の多年草で、日本をはじめ、中国やシベリア、ヨーロッパに自生しています。

秋の花というイメージが強いですが、7月から10月まで長く花を楽しむことができます。

waremokou01

開花期には、2mm弱の小さい花が茎の先端に密集してつき1~2cmほどの短い穂になります。

小花を穂状につける植物の多くは下から先端に向かって咲くのですが、ワレモコウは先端から下に向かって咲き進んでいくところが少し変わっています。こういう咲き方を「有限花序」と呼ぶのだそうです。

地植えして自然な雰囲気の庭作りに使われたり、切り花や茶花に使われることも多いです。

中秋の名月にススキと一緒に飾られることもありますね。

名前の由来は諸説あって「吾亦紅」「割木瓜」「吾木瓜」などいろいろな漢字が当てられます。

地下茎を干したものは地楡といって薬用になり、火傷や湿疹に効果があるそうです。

ワレモコウの育て方

山野に自生している植物なので、基本的に丈夫です。暑さ・寒さに強く初心者でも育てやすいでしょう。

日当たりが良いところで育てます。

鉢植えの用土は特に土質は選びません。普通の草花用培養土を使います。

水やりは、鉢植えは土の表面が乾いたら十分に与えます。庭植えは基本的に必要ありません。

高温多湿な状態が続くと、うどんこ病になりやすいので気をつけましょう。

肥料は、鉢植えの場合は春から夏にかけて草花用の肥料を与えます。多く与えると枝葉ばかり茂りすぎるので少な目にします。庭植えの場合は必要ありません。

冬には地上部は枯れます。

植え替え・株分けは、鉢植えの場合は毎年、2~3月に行います。庭植えは3~5年に1回行います。

細かい根を半分ぐらいの長さに切って整理して植えつけます。株が大きくなっていたら同時に株分けも行いましょう。

waremokou02

ワレモコウのドライフラワー作りのポイント

以前、ワレモコウをドライフラワーにした時は、花穂がポロポロ落ちてしまい、上手く作ることが出来ませんでした。

調べてみたら、ドライフラワーにするなら満開前に摘むことが大切なのだとか。

花は摘んだ後も少しずつ成長を続けるのだそうです。ですから、満開の手前で摘むと、乾燥した頃にちょうど満開の状態となり花穂が落ちないそうです。

ちなみに、同じようにススキの穂も花穂が出る前に乾燥させるとキレイにできるそうです。

今年は、ドライフラワーに再チャレンジしてみようかと思います。