6月のトンボ

2014年、初トンボです。

tonbo

梅雨の真っ最中にトンボにお目にかかるとは思ってもいませんでした。

一番、多く見かけるのが秋、早くても7月になってからだったので。

思わず天候不順のせい?という考えがフッと頭をよぎりましたが…。

こういう時、インターネットは便利ですね。

トンボが羽化して成虫になる時期は種類によって、春季種・夏季種・秋季種、そして1年中見られる種があるんだとか。

調べてみたら、普通の現象でした。

suisennou2014

梅雨入りしてから、2日間、激しい雨が降り、それ以降も小雨ながら降ったり止んだりの1週間でした。

なかなか庭に出られず、雑草がどんどん生えてきそうです。

ジャーマンアイリスは咲き終わり、代わって、今はシランとスイセンノウの花が咲いています。

スイセンノウは、去年、こぼれダネから芽を出した株も花が咲きました。タネからだと花が咲くのは翌年になるということなのでしょうね。

ルドベキアはツボミがつき始めたところです。

ところで、私が住んでいる市では、昨年、アメリカシロヒトリが大量発生しました。地元紙によると、今年度から防除用の動力噴霧器を町会に無料で貸し出すことにしたそうです。

近所に、毎年、アメリカシロヒトリの被害に会う木があったのですが、昨年、切り倒されてしまいました。

もしかしたら、今年は、被害を受けることなく過ごせるかもしれません。

2014/6/15

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ